セロン「女優業とドラッグ使用は似ている」

いつもハイテンション
  • いつもハイテンション

日本では芸能人の覚せい剤使用疑惑が大きなニュースになっているようだが、シャーリーズ・セロンによれば、女優業とドラッグ使用にはよく似た側面があるのだという。

マスコミに堂々と発言をしながら、それが人々にどう受け取られているか心配している時の感覚は、クスリでハイテンションになった後の激しい気分の落ち込みに似ているというのだ。

「人に聞いた話では、コカインを吸うと、人間を超越した存在になったような気分でどんなことでも言えるらしいの。なのに、気分が下降して来ると、突如として罪悪感に苛まれるらしいわ。私はコカインを使用しなくても、ずっとそんな気分よ」とヴォーグ誌のインタビューで語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報