家族で共有すべし!我が家の「防災マップ」

子どもにも分かるような「防災マップ」を作っておこう
  • 子どもにも分かるような「防災マップ」を作っておこう

震災時、家族と連絡が取れないという不安やストレスは甚大です。どうやって安否確認するか、どこに避難するかなど、事前に話し合っておくことで、安全性も高まります。家族で共有したいルールを、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさんに教えてもらいました。

【近所のポイントを盛り込んだ「My防災マップ」を作る】

自宅周辺の地図を用意し、近所の避難場所や給水所などを記した、我が家オリジナルの「My防災マップ」を作成しましょう。各自治体が火災、洪水、地盤の崩れやすさなどを示した「ハザードマップ」を作成しているので、周辺で起こりうる災害をイメージし、My防災マップに危険箇所を書き写しても。コンビニやガソリンスタンドなどの位置も記入。

自宅から避難所までの行き方を分かりやすく書いておくと、子どもも安心!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

教えてくれたのは:宮丸みゆきさん
NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター。東日本大震災の被災体験を基に生まれた「楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災」というメソッドを実践。普及に当たる。『子連れ防災手帖』の増訂版、『子どもを守る防災手帖』(小社刊)が8月25日に発売。http://www.active-bousai.com

イラスト=macco 編集協力=中村 円

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報