異色のエロさ?恋する女性たちの“あるある”に共感!

男性諸氏なら一度はその名前を聞いた事があるだろう、AV界の巨匠で“ヨヨチュウ”の愛称で知られる代々木忠監督。そんな彼によるエッセイを映画化した『愛∞コンタクト』(11月5日公開)は、先入観から来る“エロさ”とはちょっと違う異色作に仕上がっている。

加藤夏希が演じるのは“愛してる”の台詞が言えず監督と対立してしまう女優の愛子
  • 加藤夏希が演じるのは“愛してる”の台詞が言えず監督と対立してしまう女優の愛子

3つのエピソードからなる本作に登場するのは3人のヒロイン。抑圧され無意識に電気を発する体質になってしまった女子大生の泉、彼氏をつなぎとめるために風俗店でテクニックを学ぼうとするOLのマコ、どうしても“愛してる”の台詞が言えない女優の愛子…というヒロインたちだ。彼女たちは、一見ちょっと人とは違うようで、現代に生きる女性ならではの悩みを抱える。

【写真を見る】元アイドリング!!!の長谷川るみが女子大生役で出演
  • 【写真を見る】元アイドリング!!!の長谷川るみが女子大生役で出演

それはどうしても“恋愛できない=つながれない”という事。30年間で5000人もの女性と向き合ってきた代々木がエッセイにしたためたエピソードが元になっていて、それぞれは多少極端なケースではあっても、女性なら思わず“ある、ある”とうなずいてしまうはずだ。

彼氏のために風俗で働くOLを演じる広澤草
  • 彼氏のために風俗で働くOLを演じる広澤草

渡辺あい、深井朝子、淺雄望という日本映画界期待の女性監督3人が、下手すると下世話なものになってしまいそうな内容を、繊細な映像でうまくコントロールしている。笑いながらもためになる、女性にこそ見てほしい一作だ。【トライワークス】

キーワード

[PR] おすすめ情報