作家・嶽本野ばらのサイン会がジュンク堂ロフト名古屋店で開催!

小説家・エッセイストの嶽本野ばら氏
  • 小説家・エッセイストの嶽本野ばら氏

2004年に深田恭子と土屋アンナ主演で映画化され、大ヒットとなった小説『下妻物語』。その作者であり、“乙女のカリスマ”とも呼ばれた作家・嶽本野ばら氏が9月6日にエッセイ「落花生」(発行発売:サイゾー、定価1700円・税別)を発売。二度もの薬物逮捕と薬物依存症治療の日々、約30年ぶりに過ごす故郷・京都と図らずも取り戻した家族との時間など、彼がこれまで隠してきた一連の騒動への思いと、伏せてきた家族との関係について、初めて自らの言葉で綴った内容となっており、逮捕より復帰第一作目となる。

その発売を記念して10月11日(火)18:00~19:30、ジュンク堂ロフト名古屋店(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークB1F)にて撮影&サイン会を開催。参加条件は、ジュンク堂書店ロフト名古屋店にて「落花生」を購入し、本と引き換えにレジで配布する整理券と購入した本を持参する事。

なんと名古屋では、14年ぶりに開催されるという今回のサイン会、参加したい人は、まず「落花生」を買いにジュンク堂ロフト名古屋店に行こう。

キーワード

[PR] おすすめ情報