榊原郁恵、浅野温子…華麗なる歴代“サザエさん”女優

国民的アニメ「サザエさん」が、観月ありさを主演に迎え、この秋フジテレビで実写ドラマ化される。最近では、小栗 旬や瑛太が出演する“25年後の磯野家”CMが話題となったが、実はこれまでにも映画やドラマ、舞台が製作され、その時々の旬の女優がサザエさんを演じてきたことをご存じだろうか?

長谷川町子原作の新聞4コマ漫画が1946年に始まり、1969年からはテレビアニメの放送が始まった本作。長い歴史の中で最初にサザエさんを演じたのは東屋トン子。1948年に制作された最初の映画版など2作品に出演しているが、サザエさん以外に活躍の記録がほとんどない“幻のサザエさん女優”だ。

続いてサザエさんを演じたのが、この役が当たり役と言われた江利チエミ。元祖・サザエさん女優といえば彼女を思い浮かべる人も多いかも。映画版は1956年から10本制作されて大ヒット。のちにドラマ版にも出演し、その名声を確固たるものにした。

以降、ドラマ版では1981年からは星野知子が、1992年からはトレンディドラマでひっぱりだこだった浅野温子がサザエさんを演じ、舞台版では榊原郁恵、熊谷真実、東ちづるらが主演を務めている。こんな先輩サザエさん女優たちに『ナースのお仕事 ザ・ムービー』(02)や『BABY BABY BABY!』で、コメディエンヌぶりにも磨きをかけた観月ありさがどこまで迫れるか、大いに期待が高まる。

また今回は、マスオ役に筒井道隆、波平役に片岡鶴太郎、フネ役に竹下景子、ノリスケ役を田中裕二(爆笑問題)、タイコ役を白石美帆が演じるなど、脇役もなかなかツボを得たキャスティングとなっており、彼らが活躍するところを早く観てみたい!

フジテレビ開局50周年記念 アニメ「サザエさん」40周年記念スペシャルドラマ『サザエさん』は2009年・秋、フジテレビ系にて放送予定。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報