奥多摩に、東京都内で唯一の“川床”を発見!

都内唯一の川床で、暑さを忘れてのんびりしたい!
  • 都内唯一の川床で、暑さを忘れてのんびりしたい!

京都で広く親しまれている“川床”。料理店や茶屋が、川の上や川がよく見える場所に座敷を作り、涼をとりながら料理でもてなす夏の風物詩だ。

そんな“川床”がなんと東京都内にも存在! 多摩川のさわやかなそよ風やせせらぎを聞きながら料理が食べられるのは、奥多摩に位置する料亭旅館「ゆずの里 勝仙閣」だ。

ここでは、ランチやディナーで本格的な川床を利用できる。豊かな自然に囲まれた川床は、ひんやりした風に包まれた極上の納涼スポット。柚子コンニャクや刺身などが楽しめる「花柚子膳」(3675円)など、彩りも美しい料理を心ゆくまで味わって。

そのほか、地元の柚子が浮かぶ「ゆず湯」を利用できるなど、都内にいることを忘れて楽しめるプランも(プラス525円)。暑い日は、川床で風流に夏を楽しんでみては。【詳細は東京ウォーカー8/18発売号に掲載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報