栃木の選び抜かれた一杯はコレだ!ラーメン総合ランキングTOP3・栃木編

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。読者やWebユーザーらからの投票により決まる同ランキング、早くも今年の結果(栃木編)が届いたので紹介しよう。

【第1位】ラーメン専門店 E.Y竹末本店

【写真を見る】味玉中華そば(780円)。 スープに使う食材は鶏のみ。赤鶏をはじめ数種類をブレンドし、絶妙な炊き加減で澄んでいながらも旨味が凝縮された仕上がりに
  • 【写真を見る】味玉中華そば(780円)。 スープに使う食材は鶏のみ。赤鶏をはじめ数種類をブレンドし、絶妙な炊き加減で澄んでいながらも旨味が凝縮された仕上がりに

総合ランキング1位を獲得したのは、矢沢永吉ラバーのオーナーが営む行列店。人気の中華そばは、奇をてらわず直球で勝負する王道の味。鶏の旨味が詰まった清湯スープはコク深く、キレのある醤油を加えることでバランスよく調和している。低加水の麺との相性も抜群だ。夜はサンマ節を効かせたラーメンが好評の「M.S夜刃」として営業している。

【第2位】手打 焔

チャーシューワンタンメン(1000円)。一滴残さず飲み干したくなるスープに至高の手打ち麺がたゆたう。鶏挽き肉が入った手打ちワンタン、スモークしたチャーシューもハイクオ リティ
  • チャーシューワンタンメン(1000円)。一滴残さず飲み干したくなるスープに至高の手打ち麺がたゆたう。鶏挽き肉が入った手打ちワンタン、スモークしたチャーシューもハイクオ リティ

たゆまぬ努力でラーメンの味をアップデートし続けている「手打 焔」。店主は「火風鼎」を営む父のもとで修業を積み、基礎を学んだ。人気の手打ち麺は凸凹やざらつきがあり、スープのなじみが非常によい。ダシには吟味した一級品の鶏を使っており、清涼感と豊潤な旨味が同居している。

【第3位】中華蕎麦 サンジ

特製つけ蕎麦(並)(950円)。 千葉の名店「中華蕎麦 とみ田」へのリスペクトが感じられるつけ蕎麦。美しく盛り付けられた麺に、脂泡の浮かぶドロリと濃厚なつけ汁が絡み付く
  • 特製つけ蕎麦(並)(950円)。 千葉の名店「中華蕎麦 とみ田」へのリスペクトが感じられるつけ蕎麦。美しく盛り付けられた麺に、脂泡の浮かぶドロリと濃厚なつけ汁が絡み付く

味はもちろん、丁寧な接客も評判の「中華蕎麦 サンジ」。理想のつけ麺を追い求め、日々の研究に余念がない。麺の小麦粉は季節ごとに変えており、夏はツルッと、冬はモッチリした食感が楽しめる。毎週火曜は新ブランド「404」として営業中で、奥久慈シャモとハマグリをふんだんに使ったラーメンが好評だ。

新店ラッシュや創作系ラーメンの隆盛など、注目店の多い栃木エリア。今回紹介したラーメンを筆頭に、話題のラーメン店巡りをしてみてはいかがだろうか。【ラーメンWalker編集部】

■ラーメンWalker栃木2017
発売日:10月7日(金)
定価(税込):864円
判型:A4判
「ラーメンWalker栃木2017」の購入はコチラ

★他にも「ラーメンWalker2017」第一弾が10月7日に一斉発売!
「ラーメンWalker東京23区2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker武蔵野・多摩2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker神奈川2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker千葉2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker埼玉2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker関西2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker東海2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker福岡・九州2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker北海道2017」の購入はコチラ
※リンク先はすべてKADOKAWAオフィシャルサイト

キーワード

[PR] おすすめ情報