永観堂の紅葉ライトアップを楽しむベストコースはこれ!

ライトアップによって浮かび上がった多宝塔と紅葉は、幻想的な雰囲気に
  • ライトアップによって浮かび上がった多宝塔と紅葉は、幻想的な雰囲気に

みかえり阿弥陀で有名な紅葉の名所に酔いしれる

浄土宗西山禅林寺派の総本山で、空海の弟子・真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置し真言宗の道場としたのが始まりとされる永観堂。振り返っている姿から“みかえり阿弥陀”として有名な、本尊の阿弥陀如来立像など、多くの寺宝を所蔵し、ライトアップ期間中には寺宝展も開かれる予定。

853年に創建し、近年では“モミジの永観堂”としても有名で、境内一帯が深紅に染まるほどの紅葉の名所だ。水面にカエデやイチョウが映り込む放生池は見逃せない。また、石畳の道には優しい光がともる灯籠が並び、ロマンチックな雰囲気に!

特に決まったルートはないが、ベストコース<1~6>は、まずは中門から石畳の通路を通って放生池方面へ。紅葉の背後に浮かぶ多宝塔を眺めたあとは、茶屋に寄って紅葉と池から流れる小川のせせらぎを感じながら、散策の休憩をとるのもおすすめ!

<1>大玄関前

【写真を見る】中門をくぐりしばらく歩くと、諸堂入口となる大玄関前付近の見事な紅葉が迎えてくれる
  • 【写真を見る】中門をくぐりしばらく歩くと、諸堂入口となる大玄関前付近の見事な紅葉が迎えてくれる

中門をくぐりしばらく歩くと、諸堂入口となる大玄関前付近の見事な紅葉が迎えてくれる。ここから多宝塔方向を見上げるのもおすすめ

<2>石畳の道

石畳の道では、参拝者を別世界へいざなってくれるようなアーチに感動!
  • 石畳の道では、参拝者を別世界へいざなってくれるようなアーチに感動!

優しい光がともる灯籠が並べられた、風情あふれる石畳の両わきに紅葉が並ぶ。参拝者を別世界へいざなってくれるようなアーチに感動!

<3>阿弥陀堂

本尊の阿弥陀如来立像が安置される阿弥陀堂は、極彩色と紅葉の鮮やかさがとても印象に残るスポット
  • 本尊の阿弥陀如来立像が安置される阿弥陀堂は、極彩色と紅葉の鮮やかさがとても印象に残るスポット

本尊の阿弥陀如来立像が安置される阿弥陀堂は、極彩色と紅葉の鮮やかさがとても印象に残るスポット。幻想的な光景を目に焼き付けよう。

<4>極楽橋

極楽橋の上に立って放生池の中心を眺めると、燃えるような紅葉や池の中心に立つ弁天社を望める
  • 極楽橋の上に立って放生池の中心を眺めると、燃えるような紅葉や池の中心に立つ弁天社を望める

極楽橋の上に立って放生池の中心を眺めると、燃えるような紅葉や池の中心に立つ弁天社を望める。弁天社にかかる橋が池に映るのも美しい。

<5>画仙堂

庭園に立つ画仙堂周辺から多宝塔方向を見上げれば、まるで深紅の海に浮かぶように多宝塔が見られる
  • 庭園に立つ画仙堂周辺から多宝塔方向を見上げれば、まるで深紅の海に浮かぶように多宝塔が見られる

庭園に立つ画仙堂周辺から多宝塔方向を見上げれば、まるで深紅の海に浮かぶように多宝塔が見られる。一度見ると忘れられない光景だ。

<6>みかえり茶屋

美しい日本庭園を眺めながら、みたらし団子やお茶で一服できる茶屋
  • 美しい日本庭園を眺めながら、みたらし団子やお茶で一服できる茶屋

美しい日本庭園を眺めながら、みたらし団子やお茶で一服できる茶屋。出口に向かう前に、散策の疲れを癒しながら深紅のカエデを眺めよう!

【関西ウォーカー編集部】

■2016年の永観堂ライトアップ情報
期間:11月8日(火)~12月4日(日)
時間:17:30~20:30(最終受付)
料金:1000円
見ごろ:11月中旬~下旬
品種:イロハモミジ、ヤマモミジなど約3000本

■永観堂
住所:京都市左京区永観堂町48
電話:075-761-0007
時間:9:00~17:00(最終受付16:00)
休み:なし
料金:11月8日(火)~12月4日(日)の寺宝展期間中は1000円、通常600円

グルメ、寺社仏閣、お土産などの情報満載!行こう京都観光ページへ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報