楊貴妃も御用達!? 黒五スイーツは、美と健康の救世主

黒五がとろ〜り(アニバーサリー青山店「黒五のブランマンジェ」)
  • 黒五がとろ〜り(アニバーサリー青山店「黒五のブランマンジェ」)

昨今のヘルシー志向を受け、ブームの兆しを見せる“黒五”のスイーツ。黒五とは、抗酸化作用のある黒ゴマ、“長寿米”と呼ばれる黒米、良質なたんぱく質とミネラルに食物繊維も豊富な黒豆、黒マツから採れる高級マツの実・黒マツの実、アントシアニンやビタミンCが豊かなカシス・黒カリンの、5つの食材を混ぜ合わせた中国発の薬膳食材。古来より中国では仙人が口にする“仙人食”として珍重され、あの楊貴妃も好んで食べていたとか。

シュガークラフトの第一人者、本橋雅人シェフの「アニバーサリー青山店」(東京都港区)では「はなまるマーケット」(TBS)おめざランキングでも1位に選ばれた「黒五のブランマンジェ」が人気だ。優しく広がる黒五の香ばしさに、風味豊かな恵比寿きなこ、つやつやと輝く丹波の黒豆、ぷるぷる、とろ〜りとした食感はゴマ豆腐がヒントになっている。

「ヘキサゴン カフェ」(東京都渋谷区)の「アイスクリーム(はちみつと黒五ソース)」は黒五とハチミツを練り合わせたペーストをバニラアイスとミックス。ミルキーで濃厚なアイスとゴマのあんこのようなソースが好相性。香ばしい「黒五ココア」はホットでもアイスでも楽しめる。

「トトロの森」入り口、北山公園のそばにある日本茶カフェ「茶 かわせみ」(東京都東村山市)にも「黒五のブランマンジェ」が。サトウキビから作られたキビ砂糖を使った、懐かしい風味が特徴。黒五の深い香ばしさと控えめな甘さがコーヒーにも日本茶にもよく合う。

「ダ ルチアーノ ナムコ・ナンジャタウン店」(東京都豊島区)はイタリアのジェラート職人、ルチアーノチェキネロ氏直伝のジェラートが食べられる。黒五を使った「ジェラート ネッロ」がほぼ完全な黒色なのは、黒五と一緒に活性炭が混ぜてあるから。プチプチとした黒ゴマがアクセントになって、香ばしく濃厚な味わいだ。

黒ゴマやきなこより健康的で、しかも風味も豊かな“黒五スイーツ”。ただし、医食同源を実感しているうちに食べすぎた…なんてことにならないようご注意!?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報