ビートルズ史上、最も売れたアルバム『アビイ・ロード』の凄さとは?

ビートルズの全14アルバムが、最新技術によって新しく甦る!
  • ビートルズの全14アルバムが、最新技術によって新しく甦る!

9/9(水)に全14作品が最新リマスター盤として発売される“ザ・ビートルズ(The Beatles)”。

彼らはギネス・ワールド・レコーズで“最も成功したグループアーティスト”と評され、世界で売れたCD、レコードの総売り上げは10億枚以上と言われているビッグ・アーティスト。そして、その驚異の人気ぶりから解散後40年経った今でも、世界中の大人から子どもまでを虜にする、その色あせない楽曲が特徴の彼ら。

しかし、そんな20世紀最大のアーティスト“ザ・ビートルズ”のアルバムの中で、最も売れたアルバムをあなたはご存知だろうか?

それはビートルズの記念すべきデビューアルバムでも、最後に発売されたアルバムでもない。なんと、ビートルズ最後のアルバムの前に発売された12作目のアルバム『アビイ・ロード』である。

世界で最も広く知られ、最も成功したロックバンドであるビートルズの作品は、どれも大ヒット! しかし、なかでも『アビイ・ロード』はビートルズ史上最高の売り上げを記録し、イギリス史上もっとも売れのだ。

この『アビイ・ロード』はアビイ・ロード・スタジオの前の横断歩道で撮影されたジャケット写真でも有名で、ビートルズが1970年に解散する1年前に発表された作品。発売はビートルズ最後のアルバム『レット・イット・ビー』より先だが、実はレコーディングされた時期はこちらのほうが遅いため、事実上ビートルズ最後のアルバムと言える。

しかも、全体の曲構成が素晴らしく、達観したさわやかさが感じられるサウンド、そして4人の個性が十分に生かされた曲が堪能できるこの『アビイ・ロード』は、その中でも特にB面のバラードの連なりはすばらしく、ローリング・ストーン誌に「B面だけで『サージェント』より価値がある」と絶賛されたほど。ビートルズ・ファンの間でも3本の指に必ず入る作品だ。

なお、ビートルズファンのみならず、ビートルズの伝説として世界的にも有名な“ポール死亡説”は、この『アビイ・ロード』のジャケット写真が発端。この写真のなかでメンバー4人のうち、なぜかポールのみ裸足であったことから、それは“死”を意味しており、また後ろに駐車している車のナンバーが「28IF」とのことから、「もし生きていれば28歳」を意味すると解釈された。

しかし、実際はこの日が暑く、サンダルばきで現れたポールが思いつきで、たまたま裸足になったとのこと。また、年齢もその当時は27歳だったため、偶然が重なってできた噂であった。

とにもかくにも、ローリング・ストーン誌に絶賛され、ファンの中でもいまだに評価の高いこの『アビイ・ロード』。ジャケット写真だけで、撮影スポットが人気の観光スポットになったり、“ポール死亡説”というとんでもない噂ができたりするのは、ビートルズ作品のなかでも、それだけ人気の高い作品だからこそだろう。往年のビートルズ・ファンのみならず、老若男女すべての人にオススメしたい1枚だ。

「イギリス旅行が当たる ザ・ビートルズ・クイズ」
―13のクイズに答えてイギリスに行こう! ―
「ザ・ビートルズ09・09・09」に参加している13のウェブサイトにて各1問の3択クイズ、全13問が出題されているので、すべてのクイズを解いて、下記EMIミュージック「ザ・ビートルズ」公式サイトから御応募下さい。(締切:2009年9月23日(水・祝)24時)
【問題】アルバム『アビイ・ロード』のジャケットで、ひとりだけ裸足なのは誰?
A.ジョン B.ポール C.ジョージ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報