本当に旨い一杯はコレ! ラーメン総合ランキングTOP5・埼玉編

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。読者やWebユーザーらからの投票により決まる同ランキングより、今回は埼玉編・全20位までのうち上位5店を先出しで発表!埼玉県内の旨いラーメン店はどこだ?

【第1位】ぜんや

【写真を見る】埼玉総合1位、「ぜんや」のぜんやラーメン(750円)。豚骨にバラ肉と挽き肉を加え長時間煮込んだものに、昆布ダシを合わせる透明度の高いダブルスープが自慢
  • 【写真を見る】埼玉総合1位、「ぜんや」のぜんやラーメン(750円)。豚骨にバラ肉と挽き肉を加え長時間煮込んだものに、昆布ダシを合わせる透明度の高いダブルスープが自慢

埼玉を代表する塩ラーメン専門店であり、県外にも常連客を持つ名店。豚骨を弱火でじっくりと炊き上げたクリアなスープは、昆布の旨味がじんわりととじ込められた珠玉の味わい。三河屋製麺謹製の中太麺をはじめ、チャーシュー、メンマ、青菜などの具材が添えらた素朴なたたずまいの一杯が、多くのラーメンファンを唸らせる。

【第2位】頑者

「頑者」のつけめん(850円)。大量の煮干しとサバ節を投入した濃厚なスープがなめらかな麺とマッチし、抜群の食べ応えを生み出す
  • 「頑者」のつけめん(850円)。大量の煮干しとサバ節を投入した濃厚なスープがなめらかな麺とマッチし、抜群の食べ応えを生み出す

製麺所の息子として育った店主が、麺のおいしさを世に伝えるために開業したのが2000年のこと。極太麺&魚介豚骨&魚粉という、今ではスタンダードとなったつけ麺のスタイルを確立し、“濃厚つけ麺の先駆者”と呼ばれる。おみやげつけめんの販売も積極的に行い、全国的にもその名が知られるほどの存在になっている。

【第3位】中華そば 四つ葉

四つ葉そば(780円)。比内地鶏や天草大王といった高級地鶏でダシをとったコクのあるスープに、6種類の生醤油をブレンドしたキレのある味わい
  • 四つ葉そば(780円)。比内地鶏や天草大王といった高級地鶏でダシをとったコクのあるスープに、6種類の生醤油をブレンドしたキレのある味わい

2013年のオープン直後に大ブレイクした和風ラーメンの雄。店主は全国から取り寄せる地鶏や醬油など、使う食材から盛り付けにいたるまで強いこだわりを持ち、県内で1、2を争うほどの行列店に!

【第4位】麺処 ほん田 niji

特選豚骨魚介つけ麺(柚子)(1080円)。大量の豚骨と魚介を長時間かけて炊き出した濃厚スープを、柚子の香りが引き締める一杯。別盛りのトッピングの完成度も高い
  • 特選豚骨魚介つけ麺(柚子)(1080円)。大量の豚骨と魚介を長時間かけて炊き出した濃厚スープを、柚子の香りが引き締める一杯。別盛りのトッピングの完成度も高い

東京・東十条の名店「麺処 ほん田」の姉妹店。看板メニューのつけ麺を大幅にリニューアルし、スープの濃度や麺自体の味が深くなった。美しい盛り付けは、思わず写真に収めたくなるほど。

【第5位】狼煙~NOROSHI~

辛つけめん(中盛)(850円)。魚介の風味が強い濃厚なつけ汁はパンチの効いた味わい。太麺と絡むと、力強く絶妙な喉越しを楽しめる
  • 辛つけめん(中盛)(850円)。魚介の風味が強い濃厚なつけ汁はパンチの効いた味わい。太麺と絡むと、力強く絶妙な喉越しを楽しめる

埼玉のつけ麺ファンを魅了し続ける人気店。つけ汁は定番のこってりとした豚骨魚介のほか、カレー、辛味の3種。国産小麦だけを使用する自家製麺は香りが高く、どっしりとコシが強い太麺。濃厚なつけ汁とよく絡み、相性も抜群だ。

これから冬に向かい、ますますラーメンがおいしい季節に。今回紹介したラーメンを筆頭に、名店揃いの埼玉でラーメン店巡りをしてみてはいかがだろうか。【ラーメンWalker編集部】

■ラーメンWalker埼玉2017
発売日:10月7日(金)
定価(税込):864円
判型:A4判
「ラーメンWalker埼玉2017」の購入はコチラ

★他にも「ラーメンWalker2017」第一弾が10月7日に一斉発売!
「ラーメンWalker東京23区2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker武蔵野・多摩2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker神奈川2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker千葉2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker栃木2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker関西2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker東海2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker福岡・九州2017」の購入はコチラ
「ラーメンWalker北海道2017」の購入はコチラ
※リンク先はすべてKADOKAWAオフィシャルサイト

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報