「チワワみたいに重い!」上野樹里が2億円のバッグにドキドキ

2億円のバッグを持ってニッコリ微笑む上野さん。「各監督のファンにも本作品を楽しんで欲しい」とアピール
  • 2億円のバッグを持ってニッコリ微笑む上野さん。「各監督のファンにも本作品を楽しんで欲しい」とアピール

女優・上野樹里が“鞄”をキーワードに5組のクリエーター・ユニットと作り上げたWOWOWの5つのオムニバスドラマ『上野樹里と5つの鞄』の記者発表会が開かれ、なんと2億円のバッグが披露された。

本作のキーワード“鞄”にかけて登場したのは、2億円のダイヤモンドビジューバッグ。実はこのバッグ、貴金属ジュエリーの老舗「GINZA TANAKA」から実際に発売しているもので、縦約9cm、横約14cmのプラチナ製。バッグ本体には約167カラット、1867ピースのダイヤモンドが敷き詰められたもの。

「持つの、怖いです」と恐る恐るバッグに手を伸ばした上野さんだが、「重いです! チワワ1匹分くらいの重さです」とニッコリ。「こんな(スゴイ)バッグに、いったい何を入れるんでしょうね?」と、持ちまえの天然キャラで会場を笑わせた。

会見では、撮影エピソードも披露。タカハタ秀太監督作の第1話「ギターケースの女。」では、銀行のシャッター前でギターをかき鳴らす女性を演じた上野さん。ギターを弾くのは初めてで、タカハタ監督や共演のリリー・フランキーさんにギターを教えてもらったそう。劇中のシーンについて「早朝の五反田駅前で実際に弾き語りをしたんです。え、ここで!?とビックリしました」とか。

『上野樹里と5つの鞄』は9/7(月)〜11(金)にWOWOWにて放映。監督はほかに映画「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアスさん、映画「天然コケッコー」の山下淳弘さん、映画「ホノカアボーイ」脚本の高崎卓馬さん、映画「神童」の萩生田宏治さんという豪華な顔ぶれ。上野さんが初めて作曲と歌に挑戦したというエンディングテーマ曲にも注目だ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報