ノラ・ジョーンズ、待望のニューアルバムは11月発売!

ギターを披露するノラ
  • ギターを披露するノラ

まだ気が早いかもしれないが、ノラ・ジョーンズが通算4枚目となるスタジオ・アルバム(タイトル未定)を11月にリリースすることが決定した。

世界的にチャート1位を獲得した前作「ノット・トゥ・レイト」から2年10か月ぶりとなる今作は、2007年のツアーを終了した後、2年の歳月を費やし自身で書き上げたもの。

この新作で彼女は新たにジャクワイア・キング(トム・ウェイツ、モデスト・マウス等)をプロデューサーに起用し、ミュージシャンも一新。またライアン・アダムスや彼女のデビュー曲「ドント・ノー・ホワイ」の作者であるジェシー・ハリス等と楽曲を共同制作し、様々なサウンドに挑戦した1枚となる。

ノラは新作について、「今までずっと同じミュージシャンと演奏をしてきたから、今回のアルバムでは違ったことをしてみたかったの。彼らとは今も良いお友達で、いつかまた一緒に演奏できることを楽しみにしているけど、今回は新しい人たちと演奏して新しいサウンドに挑戦するにはいい機会だと思ったの。

だからプロデューサーにも、いま自分がいる“居心地のいいところ”から私を連れ出して(新しいことに挑戦させて)くれる人であり、自分が書き溜めた楽曲に合ったミュージシャンを見つけてくれる才能のある人を求めたわ。ジャクワイアに連絡を取った理由は、自分の大好きなアルバムであるトム・ウェイツの「ミュール・ヴァリエーションズ」のエンジニアをしていたから。彼はとても私の話に乗ってくれたし、彼とはうまくやれそうな気がしたの」と語っている。

また、「以前のアルバムよりグルーヴ感を出したかった」ということで、ドラマーにジョーイ・ワロンカー(ベック、R.E.M.等)、キーボーディストにジェイムス・ポイザー(エリカ・バドゥ、アル・グリーン等)、ギターにマーク・リボー(トム・ウェイツ、エルヴィス・コステロ)他、錚々たる敏腕ミュージシャンを揃え、今作ではピアノではなく、そのほとんどでギターを弾いているというノラ。

2002年にデビューして以来、前3作のアルバムが各国で1位を獲得するほど世界中で多くのファンを持つ彼女が、新作でどんな方向性のサウンドを聴かせ、再び世界を魅了してくれるのか今から楽しみだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報