サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

【影山貴彦のTVコラム・がんばれ関西ローカル!】   育て! 若手・中堅芸人! ダウンタウン浜ちゃんの愛

元プロデューサーのTVコラム
  • 元プロデューサーのTVコラム

次の関西のテレビ界を背負うタレント、芸人は誰か? 視聴者も、作り手も大いに興味あるネタである。けれど、「不景気」がテレビ業界にも影を落としているせいか、東京キー局制作の番組を観ていても、ニューフェイスを発掘するというよりも、すでに実績のある演者に依存し、安全な番組作りをする傾向が強い。もちろんそれをすべて好ましくないとは言わないが、どんな世界でも新しい人材が育つよう努めることは大切なはず。テレビの世界も「保守化」が進んでいる。

そんななかで、「ケンゴロー」(MBS)のような番組に出合うと嬉しくなる。人気を誇った「ごぶごぶ」の終了を受け、4月から始まった。メインを務めるのはダウンタウンの浜ちゃんこと浜田雅功。「ごぶごぶ」からの続投で、同局制作の全国ネット人気番組「プレバト!!」でも、司会を務めている。

「ケンゴロー」は、今後活躍が期待される若手・中堅芸人にスポットを当てる番組だ。浜ちゃんの無茶ぶりにビビる後輩芸人たちの姿が映し出されるが、それは彼らに未来を担って欲しいと願う先輩からの愛情なのだ。収録後、時に後輩たちを飲みに連れて行き、「リアクションの手法」等アドバイスをしている浜ちゃん。共演の若手アナウンサーも多くを学んでいるはずだ。

革新的に頑張る「ケンゴロー」。一度ゴールデンタイムでスペシャル編成してはどうか。

プロフィール/影山貴彦(かげやまたかひこ)

同志社女子大学 学芸学部情報メディア学科教授。元毎日放送プロデューサー(「MBSヤングタウン」など)。早稲田大学政経学部卒、関西学院大学大学院文学修士。上方漫才大賞審査員、GAORA番組審議委員、日本笑い学会理事。著書に「影山教授の教え子が泣きにくる。~涙が笑顔にかわる京都の女子大研究室」など

●MBS 毎(火)23:58~0:53
「ケンゴロー」

キーワード

[PR] おすすめ情報