ギター女、逃避行女…上野樹里が“5人の女”を熱演!

エレベーターに閉じ込められる女も好演。右=上野樹里、左=江口のりこ
  • エレベーターに閉じ込められる女も好演。右=上野樹里、左=江口のりこ

8月25日、女優・上野樹里が“鞄”をキーワードに、5組のクリエーターたちとユニットを組んで制作したWOWOWのオムニバスドラマ「上野樹里と5つの鞄」の製作発表会が開かれました。

ステージ上には実際ドラマで使用された鞄が置かれ、それを見た上野は「ひとつひとつのドラマの思い出がよみがえり、愛着を感じますね」とひとこと。

上野が演じるのは、街角でギター片手に歌う女、エレベーターに閉じ込められる女、突然の幼なじみの訪問に当惑する女、逃避行の旅に出た女、毎日続く誕生日の夢から抜け出せない女…の5人の女。そして、それぞれのドラマを全く異なる作風に作り上げた監督陣は「ホテルビーナス」のタカハタ秀太、「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアス、「天然コケッコー」の山下淳弘、「ホノカアボーイ」脚本の高崎卓馬、「神童」の萩生田宏治という豪華な顔ぶれです。

「テーマは“鞄”というひとつのものだけど、5つのドラマは役どころも違えば、ストーリー展開も違う。作り手の方々とひとつひとつじっくり話し合いながら作ったので、それぞれの個性がつまっていて、おもしろくできあがったと思います」と上野。

また、本ドラマではエンディングテーマの作曲と歌にも初挑戦! タカハタ秀太や共演者のリリー・フランキーに教えてもらいながら弾いたというギターの腕前もなかなかのもの。ドラマが終わってから弾いてないという上野に、途中から会見に参加した共演者の江口のりこが「ギター続けるのかと思ったらやってないの〜。もったいない…続けたほうがいいよ〜」とアドバイスするひと幕も。

この番組は9月3日(木)23:30より5週連続、WOWOWで放送。いろいろな表情を見せてくれる上野樹里の5変化をお楽しみに。【シュシュ編集部】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報