S・ペン、3度目の正直?今度は妻から離婚申請

新しい道へ
  • 新しい道へ

過去に2回も離婚申請をしては取り消していたショーン・ペンとロビン・ライト・ペン夫妻が、3度目の離婚を申請。今度は妻のロビンからの申請で、ファイナルだと報じられている。

ショーンがマドンナと離婚した1989年から交際を続けてきたふたりは、1996年に結婚。ふたりの子供をもうけたが、2007年12月にふたりが“和解しがたい不一致”を理由に離婚を申請。翌年4月に離婚を取り消した際には、ロビンは「問題を克服した」と語っていた。

しかし今年2月にショーンが、2度目の離婚を申請。ナタリー・ポートマンとの不倫が伝えられたが、ポートマンがそれを否定するコメントを出した直後の5月には、ショーンが、「自分は傲慢だった」として、離婚を取り下げた経緯がある。そのときのロビンの憔悴ぶりは相当なものだったらしいが、ショーンが、既に決まっている仕事も降板して私生活の建て直しに取り組むと報じられたため、ふたりは和解したものだとばかり思われていた。

しかし今度はロビンが、今月12日に3度目の離婚を申請。モア誌で、「人生の岐路に立ったのはずいぶん前だけれど、やっと決心がついたの。自分が何を望んでいるかが、クリアになった。彼と結婚し、子供を育てたことに後悔はない」と、離婚の固い意志を表明した。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報