甘辛タレが食欲をそそる!なか卯のダッカルビ丼登場

野菜たっぷり、甘辛タレが食欲をそそる「ダッカルビ丼」(490円)
  • 野菜たっぷり、甘辛タレが食欲をそそる「ダッカルビ丼」(490円)

まだまだ続く暑さの中、食欲が落ちてきた人も多いのでは? そんな人にぴったりのメニューがなか卯より登場した。季節限定の「ダッカルビ丼」(490円)だ。

韓流ブームにより、韓国料理がより身近になったのをきっかけに、なか卯でも韓国料理を楽しんでもらおうと企画されたこのメニュー。“ダッカルビ”とは鶏肉と野菜にコチュジャンベースのタレをかけ、鉄板で甘辛く炒めた料理で、今回の「ダッカルビ丼」では丼物には珍しくたっぷりな量の野菜が入っている。

その中身は素揚げしてトロトロになったナス、ボイルしてホクホクなじゃがいも、シャキシャキと歯ごたえのあるインゲン、甘みいっぱいの玉ねぎをふんだんに使い、風味と彩りの豊かな丼に仕上げた。コチュジャンをベースに和風テイストを加えた甘辛のタレが味の決め手で、やわらかでジューシーな鶏肉、甘辛の旨みが野菜とご飯によくなじみ食欲をそそる一品だ。

「甘辛のタレと野菜たっぷりな丼として女性のお客様にも好評です。食べやすいようにスプーンを添えて提供していますので、小さなうどんと一緒にどうぞ!」と話すのは広報担当者。

残暑の季節、食欲が落ちてきた人はぜひ試してみてはいかが。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報