6時間で巡れる!京都・嵐山の紅葉おすすめ散歩コース

京都・嵐山は、紅葉の名所がたくさんあり、秋になると観光客で賑わう人気の観光名所。嵐山を借景とした名庭園が眺められる天龍寺や、紅葉トンネルが鑑賞できる常寂光寺など、徒歩で“紅葉絶景”を楽しみながらランチも満喫できる、編集部おすすめの“紅葉散歩コース”を紹介しよう!

<1:9時>嵐山を借景とした名庭園の紅葉をめでる「天龍寺」

開山・夢窓国師作と伝わる、嵐山を代表する名庭園・曹源池庭園。鏡のように映り込む紅葉は必見/天龍寺
  • 開山・夢窓国師作と伝わる、嵐山を代表する名庭園・曹源池庭園。鏡のように映り込む紅葉は必見/天龍寺

日本で初めて史跡・特別名勝に指定された曹源池庭園で知られる京都屈指の名刹。池に嵐山の紅葉が映り込む美しい景色を、大方丈の縁側に座って眺めよう。境内には渡り廊下のほか遊歩道もあり、散策しながら鮮やかな紅葉を堪能して。【紅葉の見ごろ】11月下旬~12月上旬、品種イロハモミジなど約200本。

【↓次のスポットへは徒歩10分】

<2:10時30分>頭上を埋め尽くす紅葉のトンネル「常寂光寺」

【写真を見る】仁王門から石段へと、深紅のカエデが広がる景色は圧巻。歌仙祠からの眺めも必見/常寂光時
  • 【写真を見る】仁王門から石段へと、深紅のカエデが広がる景色は圧巻。歌仙祠からの眺めも必見/常寂光時

百人一首で有名な小倉山の中腹に立つ寺院では、かやぶきの仁王門や多宝塔と一緒に紅葉が眺められる。山門から多宝塔まで続く紅葉のトンネルも見どころの一つ。嵯峨野エリアに広がる麓の景色が一望できるのもうれしい。【紅葉の見ごろ】11月中旬~12月上旬、品種イロハモミジなど全2種約200本。

【↓次のスポットへは徒歩5分】

<3:11時30分>参道をおおう赤や黄の紅葉は絶景「二尊院」

総門へと続いている参道を歩きつつ両側の紅葉を眺めよう。本堂周辺の紅葉も見事/二尊院
  • 総門へと続いている参道を歩きつつ両側の紅葉を眺めよう。本堂周辺の紅葉も見事/二尊院

ウマが駆けることができるほど広いことから「紅葉の馬場」と呼ばれる参道が有名。本堂へと続くモミジの並木道が素晴らしく、絶好のシャッタースポット。9月中旬(予定)に改修工事を終える二尊(本尊)・本堂の拝観もお忘れなく。【紅葉の見ごろ】11月中旬~12月上旬、品種カエデなど全2種約50本。

【↓次のスポットへは徒歩15分】

<4:12時30分>仁王門を背景に真っ赤なカエデが「清凉寺」

方丈庭園の弁天堂は、周囲の緑と紅葉のコントラストが素晴らしい。和情緒豊かな景色をぜひ/清凉寺
  • 方丈庭園の弁天堂は、周囲の緑と紅葉のコントラストが素晴らしい。和情緒豊かな景色をぜひ/清凉寺

地元では「釈迦堂さん」の愛称で親しまれる古刹。仁王門前や弁天堂周辺で紅葉が見ごろを迎え、小ぶりのカエデながら、真っ赤な美しい発色を見せるので、建物と一緒に眺めたい。仁王門前などは無料で観覧できるのも魅力。【紅葉の見ごろ】10月下旬~11月中旬、品種カエデ全1種約10本。

【↓次のスポットへは徒歩15分】

<4:13時30分>足湯カフェやイタリアンが登場!「レストラン嵐山」

トラットリア ヒューメの名物「丹波きのこと宇治抹茶クリームソースの生湯葉ドーム包み」(1080円)/レストラン嵐山
  • トラットリア ヒューメの名物「丹波きのこと宇治抹茶クリームソースの生湯葉ドーム包み」(1080円)/レストラン嵐山

レストランやおみやげ処がそろう大型観光施設。足湯(¥200・タオル付き)を併設する「嵐山温泉 和cafe ひゅーめ」と、京都の食材をふんだんに使用するイタリアン「トラットリア ヒューメ」があるので、気分に合わせて利用して。

【関西ウォーカー編集部】

■天龍寺
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話:075-881-1235
時間:8:30~17:00
※11月3日(祝)、5(土)~12月4(日)は7:30~
休み:なし
料金:庭園500円(諸堂追加100円※9月1日~300円)、法堂500円

■常寂光寺
住所:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
電話:075-861-0435
時間:9:00~16:30
休み:なし
料金:400円

■二尊院
住所:京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
電話:075-861-0687
時間:9:00~16:30
休み:なし
料金:500円

■清凉寺
住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
電話:075-861-0343
時間:9:00~16:00、4・5月、10・11月は~17:00
休み:なし
料金:境内無料(本堂拝観400円、霊宝館400円、共通券700円)

■レストラン嵐山
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町33
電話:075-872-5111
時間:9:00~18:00(店により異なる)
休み:なし

グルメ、寺社仏閣、お土産などの情報満載!行こう京都観光ページへ

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報