注目度No.1新人、GIRL NEXT DOORの新曲がドラマ主題歌に抜擢!

3か月連続でシングル・リリースの第3弾目は哀愁感漂う恋愛ソング
  • 3か月連続でシングル・リリースの第3弾目は哀愁感漂う恋愛ソング

10/8(水)に待望の2ndシングル「Drive away/幸福の条件」をリリースする今年注目度No.1の新ユニット、GIRL NEXT DOOR。彼女たちは現在、3か月連続でシングル・リリースをしているのだが、その第3弾目となるシングルが早くも話題を集めそうだ。11/19(水)にリリースされるその第3弾目のシングル「情熱の代償」のタイトル曲が10/17(金)の21時よりスタートするABC・テレビ朝日系ドラマ「ギラギラ」の主題歌に決定したのだ。もちろん彼女たちの楽曲がドラマ主題歌となったのは今回が初となる。

主題歌に決定したこの新曲はVo.千紗が実体験を基に作詞した哀愁感漂う恋愛ソング。これまでのGIRL NEXT DOORの楽曲といえば、元気でアップテンなポジティヴ・ソングといったイメージが強かったが、「情熱の代償」はこれまでの彼女たちとはガラリと印象の違うミッドテンポなナンバーに仕上がっている。

「情熱の代償」の作詞についてVo.千紗は、「これまでのシングルとは違って、少し大人の切ないラブソングにしました。歌詞の中の設定では、彼の元カノが自分と似ているというところから始まっているんですが、その中で自分の実体験と重ね合わせながら書きました。恋愛している皆さんに、共感したり重ね合わせたりして貰えたらと思います」とコメント。

佐々木蔵之介、真矢みき、三浦翔平などが出演するこの秋注目の新ドラマ「ギラギラ」は、ホストを引退した男が家族のために再び夜の街に戻るというストーリーになっているそうだが、GIRL NEXT DOORが初めて大人に向けた恋愛ソング「情熱の代償」がドラマの世界観をどのように彩るのか注目したい!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報