ビョンホンとウソンが映画史に残るアクションに挑戦!

イ・ビョンホンとチョン・ウソン。この共演はファンにはたまらなく魅力的!
  • イ・ビョンホンとチョン・ウソン。この共演はファンにはたまらなく魅力的!

韓国を代表するチョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホという3人の俳優が、それぞれグッド(良いヤツ)、バッド(悪いヤツ)、ウィアード(変なヤツ)に扮し、あるお宝をめぐって銃撃戦を繰り広げる、いわば韓国版ウエスタン『グッド・バッド・ウィアード』が公開中だ。

先日、プロモーションで来日したイ・ビョンホンとチョン・ウソンにインタビューを敢行! 本作で冷酷なギャングのボス、チャンイを演じたイ・ビョンホンは「馬に乗ること自体が初めて」だったそうで、「馬に乗りながら銃を撃ち、馬が走るすぐそばで爆弾が爆発する──その中で演技することがチャレンジングでした」と語った。こうしたCGを使わないリアルなアクションも見どころのひとつだ。

一方、ドウォン役のチョン・ウソンは、西部劇さながらの衣装を身にまとい、ライフルとショットガンをぶっ放す賞金ハンター役。「違和感なく衣装を着こなすことが挑戦だった」と言うが、違和感どころかかなり似合っている!

そして、アクションシーンについては、ウソンが「後半に登場する大平原での追撃シーンは、映画史に残るアクションになっています。スピード感があって、スペクタクルで、しかもリアルなんです」と語るように、盗賊、蒸気機関車、遊郭といった1930年代の多国籍文化が混じり合った舞台で暴れるグッド、バッド、ウィアード、3人の男たちがたまらなくかっこいい。

「シナリオを読んだときから3人のバランスがとてもいいもので感心しました」とウソンが話すように、キム・ジウン監督の手腕もたいしたものだ。そして、ビョンホンの「自分たちに与えられた役を忠実に演じる。そうすることで、キャラクターそれぞれの個性、3人の調和が生まれると思いました」という言葉からも監督への確かな信頼が伺える。

また、『夕陽のガンマン』(65)のオマージュだと監督は明かしているが、「敢えて見直すことはしなかった」とビョンホン。「男の子にとって西部劇はある種のロマンですからね。『夕陽のガンマン』も何度となく見ています。撮影に入る前にもう一度見てみようか? とも思いましたが、役作りの妨げになるかもしれないと思い、やめました」。チョン・ウソンも同意見で、加えて「子供の頃テレビで西部劇を見ながら、欧米の人たちなのに“この人たち、韓国語を話している!”って思っていました(笑)」と、微笑ましい思い出を語ってくれた。

韓国トップ・スターたちの共演もさることながら、彼らの新しい魅力を見ることができる『グッド・バッド・ウィアード』は、ファンならずとも必見! 「映画史に残る」と、キャストが太鼓判を押すアクションをスクリーンで確かめてほしい。【取材・文/新谷里映】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報