エンタメ

美おっぱいコンテスト初代グランプリは23歳フリーター

東京ウォーカー(全国版) 2016年10月21日 19時21分 配信

10月18日、都内にて、日本一の美しいおっぱいを選出する「美おっぱいコンテスト2016」が開催され、普段はコールセンターでアルバイトをしているという23歳フリーターの中岡龍子さんが初代グランプリに輝いた。

すべての写真を見る(15件)
主催者によると、同コンテストは「おっぱいと聞くと、男性目線でのイメージがどうしても強いのですが、“女性目線でのおっぱい”の格式ある賞を作りたいと思った」ことが開催経緯だという。「女性はおっぱいという言葉自体が使いづらい風潮があります。しかし、美脚や美白、美肌と同じように『美おっぱい』が定着していけば、おっぱいを自信に替えていけるのでは、考えました」と解説している。

そして今回、初代グランプリに輝いた中岡さんはトロフィーを授与され、「緊張し過ぎて今の気持ちはよく分からないのですが、自信があったのがこのおっぱいだったので。とにかく嬉しいです」と挨拶。

審査員を務めたモデルでタレントのマギーは、審査基準について、「大きさというよりはキレイな形。今回は触りたくなるようなモッチリとした質感がある方を選びました。皆さん本当にキレイだったのでグランプリを選ぶのは結構難しかったです。おっぱいがフィーチャーされるのは今回が初ということなので、これを機に、女性たちには、美脚や美肌と同じように、もっともっと美おっぱいに自信を持っていっていただければ」とコメントした。

また、中岡さんに1年分の新作ブラを贈ったPEACH JOHNから審査員として登壇した佐藤はるか氏曰く、「個性のあるキレイなおっぱいの方たちばかりでした。女性たちには、もっとおっぱいに自信を持っていただき、今日のマギーさんのような格好を楽しんでほしい。隠さないものなんだという意識を持ってほしいです」とのことだった。【ウォーカープラス編集部/Raira】

関連記事

おすすめ情報