演技が現実に!? ミーシャ・バートン熱演の“狂気の女”が話題

悪魔の形相で襲いかかるミーシャ・バートン。演技なのか、それとも…
  • 悪魔の形相で襲いかかるミーシャ・バートン。演技なのか、それとも…

『シックス・センス』(99)でベッドの下から現れる幽霊少女を演じたミーシャ・バートンがヤバい状況に置かれている。

海外ドラマ『THE OC』(03)で一躍スターになったヤング・セレブ、ミーシャ・バートン。モデルとしての活躍や、地球温暖化防止キャンペーンなどのチャリティ活動にも精力的に参加することで知られる彼女だが、この夏、自ら電話をかけて救急車で病院に搬送されたというのだ。その理由は、なんと精神疾患。どうも、“自分や他人に危害を加える危険性”があり、精神病棟に入ったらしい。

実は、その原因ではないかといわれているのが9月下旬公開予定の主演作『ウォッチャーズ』。作品のなかで、元カレを愛しすぎて“壊れちゃった”女、シェルビーを演じているミーシャだが、その役に入り込みすぎて本人も壊れちゃったのでは?というウワサも…。『危険な情事』(87)のアレックス(グレン・クローズ)や『ミザリー』(90)のアニー(キャシー・ベイツ)に代表される、アブナい女たちに名を連ねるであろう、ミーシャの“迫真(?)”の演技を、ぜひ映画館で!【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報