ホウレン草の使いきりレシピ3つ【白神彰のベジこん】

ホウレンソウをたっぷり食べられるレシピを伝授
  • ホウレンソウをたっぷり食べられるレシピを伝授

「12人の優しい殺し屋」に登場する料亭「しらかみ」店主・白神彰が、野菜の使いきりレシピを伝授。旬のホウレン草を多彩に楽しめる料理を紹介します。

<常夜鍋>

1 毎日食べても飽きないということから名づけられた「常夜鍋」は、脚本家の向田邦子さんも好物だったそうですよ。まず鍋に日本酒と水、そして軽くつぶしたニンニク1かけを入れます。日本酒と水の割合は3:7ぐらいがよいのですが、もったいないという方は日本酒の割合を減らしてもらってもかまいません。

2 アルコールを飛ばすため、しっかりと沸騰させてください。

3 つけ汁は、しょうゆ大さじ2にレモン1/4個をギュッと搾ったお手軽ポン酢に一味唐辛子を少々入れます。

4 よりホウレン草をおいしく召し上がっていただくために、ここはぜひとも豚しゃぶ用の薄切り肉もご用意ください。

5 あとは、お肉とホウレン草を煮すぎない程度にしゃぶしゃぶしていただければ、常夜鍋の完成です。

<洋風温製おひたし>

1 ベーコン2枚を2cm幅に切ってフライパンへ入れます。

2 弱火で充分炒め、適度に油が出ましたらホウレン草を投入します。

3 軽く混ぜましたら水カップ1/2を入れ、コンソメ(か粒)小さじ2を入れひと煮立ちさせます。

4 最後にしょうゆ小さじ2を入れたら完成です。

<ホウレン草と卵のベーシック炒め>

1 ホウレン草半わをザックリ3cmほどに切ります。

2 卵2個を溶き、牛乳小さじ2を入れます。なければ水小さじ1でもかまいません。

3 フライパンにゴマ油小さじ2をひき、ホウレン草を炒めましたら、そこに先ほどの卵を入れ一気に合わせるように炒めます。

4 最後に塩とコショウで味をととのえましたら完成です。ちなみに卵は室温に戻してから使い、強火で一気に仕上げるのが、フワフワにするコツですよ。

5 ところで今回のレシピはすべてアク抜きをしない生のホウレン草を使っていますので、1わをめどに召し上がるようにしてください。でないとアクのせいで歯がキシキシしてしまいますから…。

※漢字クイズの答えは「ほうれんそう」です。【シュシュ8/27発売号 連載「ベジこん」第11回より転載】

キーワード

[PR] おすすめ情報