ミーガンのキャットウーマン、スタジオ側が否定

メディアに踊らされ過ぎよ
  • メディアに踊らされ過ぎよ

ボンドガール、ララ・クラフト役に続いて、ミーガン・フォックスが、『ダークナイト』(08)の続編でキャットウーマンに決定! という報道が流れたが、あわてたようにスタジオ関係者が、その事実を否定している。

まずワーナー・ブラザースの広報が、「ミーガンがキャットウーマンを演じるというのは、まったくの噂に過ぎません。続編の製作は決まっていますが、まだシナリオもできていないので、キャスティングのしようがありません」と、米テレビ番組“アクセス・ハリウッド”で断言。

またE!オンラインのインタビューに対しミーガンの広報担当者が、「ミーガンは、バットマンとクリストファー・ノーラン監督の大ファンですが、そういう話は聞いていません」とコメントしており、どうやら今回の情報もデマに終わったようだ。

同作の続編の悪役については、既にジョニー・デップ、フリップ・シーモア・ホフマン、シャイア・ラブーフ、エディ・マーフィなどの名前が挙がっては消えるという状態。それだけ期待度が大きいということでもあるのだが、ファンのストレスは、絶好調に達しているよう。一部メディアは、「情報に踊らされることなくノーラン監督の作品を見たければ、来年7月公開の『Inception』を見るように」と薦めている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報