エンタメ

実写版「咲-Saki-」総勢20人のキャスト解禁!

ザテレビジョン 2016年10月27日 17時05分 配信

すべての写真を見る(20件)
浜辺美波の主演で12月からTBS/MBSの“ドラマイズム”枠にて実写ドラマ化、'17年2月には映画化も決まっているマージャンスポ根漫画「咲-Saki-」のキャストが一斉に解禁された。

本作は、「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の小林立原作の漫画で、マージャン競技人口が1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催されている世界を舞台に、女子高校生たちがマージャンに打ち込む姿を描いている。

今回、本作の実写版として12月からTBS/MBSの“ドラマイズム”枠で全4回と特別編を合わせた計5話のTVドラマシリーズの放送が決定。さらに、'17年2月には映画版も公開される。

そんな注目作の主人公・宮永咲を連続ドラマ初主演の浜辺が務め、さらに、咲が通う「清澄高校」のマージャン部のメンバーや全国高校マージャン県大会で対戦する「龍門渕高校」「風越女子高校」「鶴賀学園」のメンバーのキャストも解禁された。

「清澄高校」からは、マージャン嫌いだった咲に打つ楽しさを教えてくれた“ネット最強雀士・のどっち”こと原村和役にSUPER★GiRLS・浅川梨奈が決定。そして、タコス大好きで東場に異常に強い片岡優希役は、私立恵比寿中学・廣田あいか、学生議会長兼、清澄高校マージャン部部長の竹井久役を古畑星夏、実家が雀荘で、幼少時代から無数の牌譜を頭にたたき込んでいる知識派・染谷まこ役を山田杏奈が演じる。

「龍門渕高校」は、海底撈月を得意技に持つ最強の怪物・天江衣役に菊地麻衣、マージャン部部長であり才色兼備の目立ちたがり屋なお嬢様である龍門渕透華役に永尾まりや、小学生マージャン大会の時、チームを救うためスリ替えをした経験から両手に拘束具を装着している国広一役に柴田杏花、対局中はあぐらをかくボーイッシュかつマニッシュなドイツからの帰国子女である井上純役に小篠恵奈、“ともきー”のあだ名を持つ寡黙なメガネ長髪ロングの沢村智紀役に金子理江が決まった。

「風越女子高校」は、左目と右目の色が異なるオッドアイの心優しいキャプテンである福路美穂子役に加村真美、かつて龍門渕高校の天江衣に対して、倍満振込を犯し風越を敗退させた経験からリベンジを狙う頑張り屋の池田華菜役に武田玲奈、“みはるん”の愛称で、メガネと銀髪ショートヘアが特徴の吉留未春役に吉崎綾、ちょっと太めな体形で口数が少ない、堅実な打ち方をする深堀純代役に星名美津紀、細目と細身の高身長が特徴的で、入部2カ月で校内ランキング78位から5位に上り詰めたルーキー・文堂星夏役を樋口柚子が務める。

「鶴賀学園」は、蒲原と共にマージャン部を設立したカリスマ性あふれる加治木ゆみ役に岡本夏美、気配を消して打つ“ステルスモモ”の異名を持つ東横桃子役は、ゆるめるモ!・あの、部長でいつも「ワハハ」と開いている口が特徴的な蒲原智美役にX21・大西亜玖璃、蒲原と幼なじみの巨乳メガネっ子・妹尾佳織役に、放課後プリンセス・長澤茉里奈、はねた前髪とポニーテールが特徴で、“むっきー”としてのハンドルネームを持つ津山睦月役を山地まりが演じる。

原作のキャラクターを忠実に再現すべく、衣装の制服はそれぞれの体形に合わせたオーダーメードで緻密にデザインされ、メークや髪の色にもこだわって役を作り上げている。

女優、アーティスト、アイドル、グラビアなど各界で活躍する、新進気鋭の若手女性キャストがどのように作品の世界観を描き出しているのか、その目で確かめてみよう。

ドラマ「咲-Saki-」
MBSでは12月4日(日)スタート 毎週日曜夜0:50-1:20
TBSでは12月6日(火)スタート 毎週火曜夜1:28-1:58

ドラマ「咲-Saki-」特別編
MBSでは1月8日(日)夜0:50-1:20放送
TBSでは1月10日(火)夜1:28-1:58放送
※放送時間は変更の場合あり

原作=小林立(「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)連載中)

関連記事

おすすめ情報