“へそ出し”さや姉、ソロアルバム1位でブルマ宣言!

ファーストアルバム『Rainbow』発売記念イベントを開催した山本彩
  • ファーストアルバム『Rainbow』発売記念イベントを開催した山本彩

NMB48・山本彩が10月26日にファーストアルバム『Rainbow』を発売。同日、ソロデビュー作の発売を記念したイベントを都内で開催した。

連続テレビ小説「あさが来た」('15-'16年、NHK総合ほか)の主題歌「365日の紙飛行機」でAKB48のセンターを務めた山本が、目標として掲げてきたシンガーソングライターの活動を始動。

サウンドプロデューサーに東京事変の元メンバー・亀田誠治を迎え、自身が作詞作曲した6曲、スガシカオやGLAY・TAKUROらによる提供曲を含む全13曲のアルバムを完成させ、「ソロデビューアルバムだけど、ベストアルバムと自信を持って言える」と胸を張った。

イベントでは、まず自身が手掛けた「レインボーローズ」「雪恋」の2曲を披露し、「ついにソロデビューアルバムが発売となりました。イエーイ!」と喜びを爆発。

超満員2000人の観客を前に「水曜日という“ど平日”で不安でしたが、こんなにたくさんの方に集まっていただいてうれしく思います」と感謝した。

また、最後の曲では、スガの提供曲「メロディ」を熱唱。この曲のみ一般撮影OKというサプライズで、ファンを喜ばせた。

イベント後はファンに公開する形で囲み取材が行われ、イベント前の心境について「オープン(屋外)でリハーサルができず、ぶっつけ本番だったので、ステージに対する緊張、お客さんがいなかったらどうしようという不安で、すごくプレッシャーだった」と振り返った。

アルバムについては「6月頃から書き始めて、このアルバムのために書き下ろした曲がほとんどなんですけど、NMB48での6年間で抱えてきた思いなどを歌にしました。今の私が100%、120%出せたアルバムだと思います」と作品への自信を見せた。

また、NMB48メンバーの卒業が続いていることへ質問が飛ぶと、「それぞれNMB48に入ってきたときと同じように、自分の夢を追い掛けて卒業していくので、そこは背中を押したいなって思います。残っているメンバーのためにも、私の今やっている活動が希望になればいいなって思っています」と、キャプテンらしくコメント。

自身の卒業については「まだ考えられないかなっていう状況です。そういうことを言うとファンの人がざわついちゃうんですけど(笑)、まだ大丈夫です…と、今は言っておきます」と、いたずらっぽく笑った。

さらに、デビューアルバムの目標については「『目標は1位!』と言いたいところですが、自分のやりたかったことを、いろんな方に支えていただき、応援していただいて、やっと形にできたアルバムなので、順位などにはこだわらずに、まずはたくさんの方に届けばいいなって思っています」と控えめに返答。

しかし、「NMB48デビュー曲『絶滅黒髪少女』で1位を取れなかったら“ブルマ公演”という公約があったが?」と振られると、「でも、『絶滅─』の時って1位を取ったけど“ブルマ公演”をやったんですよね?」と表情が変わる。

「あの時以来、ブルマを拒絶してきたんですけど、6年目の今、初心に返る気持ちでブルマになってもいいのかなって思います」と今回も公約にすることを決意。

「ブルマ…ライブ? 何?」と考える山本に、ファンから「ブルマツアー!」と声が飛んだが、これには山本が「変態過ぎるやろ!」とツッコミ。しかし、「1位を取ったら(ブルマ姿を)お披露目したいと思います。見たいかな…?」と、首を傾げながらもファンに約束した。

山本彩ファーストアルバム『Rainbow』
発売中
定価=初回限定盤(CD+DVD):3300円(税抜)/通常盤(CD):2800円(税抜)
収録数=13曲
発売元=laugh out loud records / YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.

「山本彩 LIVE TOUR 2016 ~Rainbow~」
11月2日(水)愛知・Zepp Nagoya
11月8日(火)東京・Zepp Tokyo
11月14日(月)北海道・Zepp Sapporo
11月21日(月)~22日(火)大阪・Zepp Namba

キーワード

[PR] おすすめ情報