中国美人の常識!なんと1杯の“お湯”でヤセ体質に!?

起きぬけの1杯のお湯でダイエットできるかも!?
  • 起きぬけの1杯のお湯でダイエットできるかも!?

夏の朝、喉がかわいて冷蔵庫から冷た〜いお茶を一杯飲む…、なんて人も多いのでは。ところが、ある飲み物を飲むことで“ヤセ体質”へと近づけるという。それは、朝起きぬけに飲む1杯の“お湯”だ。

そもそもダイエットの大敵は、脂肪。しかし体にある脂肪には、“体を保温する”という大切な役割がある。

「体が冷えると、“体をあっためろ!”と、脂肪がたくさん生まれてしまい、太ってしまうの。逆に体を温めれば、必要以上に脂肪を作り出す必要がなくなり、自然にヤセられるのよ」と話すのは、漢方美容を広めている楊さちこさん。

しかしまだまだ暑い日が続く1日。起きぬけに、冷たいお水をごくごく飲みたいところだが…。

「冷たいお水を飲むと、体を内側から冷やしてしまうので絶対にダメ! 温かいお湯なら体を内側から温めて、寝ている間に断食状態だった体がウォーミングアップを始め、代謝しやすい体の準備が整う、というワケです」(楊さん)。

ちなみに、東京女子医大学准教授の川嶋朗先生も「起きぬけは、体の深部体温が一番低い時間なんです。だから温かいお湯で中から体温を上げるのは、とっても理にかなってるんですよ」と言う。

そもそも、中国美人は、お湯を飲むのが基本なんだとか。香港のホテルやレストランでは、体の冷えを嫌がる香港人のために、氷ぬきの常温の水か白湯を出すのが鉄則になっている。

「そのほか、中国美人によく飲まれるのが排毒効果のあるレモンを入れた常温のお水。輪切りにしたレモンが半個分くらいたっぷり入った水なんですが、これがお店だとコーヒーと変わらないくらいのお値段のことも」(楊さん)。

体が温まると、目覚めもスッキリ。毎日の生活ですぐに取り入れられる簡単な“お湯”習慣で、ヤセ体質を目指してみては。【詳細は雑誌「シュシュ」8/27発売号 大特集「やせる“漢方”習慣」に掲載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報