• ニュースウォーカー
  • 映画
  • のん、ハニカミ笑顔!声優務めた『この世界の片隅に』監督から「彼女が誇らしい」と絶賛の声

映画

のん、ハニカミ笑顔!声優務めた『この世界の片隅に』監督から「彼女が誇らしい」と絶賛の声

MovieWalker 2016年10月28日 20時57分 配信

すべての写真を見る(5件)
第29回東京国際映画祭特別招待作品『この世界の片隅に』の舞台挨拶が10月28日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、片渕須直監督とのんが登壇。片渕監督から「完成度が高く、最もナチュラルに存在していた。僕は彼女のことが誇らしいです」と声の演技を絶賛されたのんが、愛らしいハニカミ笑顔を見せた。

本作は、第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すず(のん)の日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。片渕監督は「細谷佳正さんをはじめ、演技派の声優陣がそろった」と胸を張り、「ナチュラルに、自然に存在しているように演じてくれた」と大満足の表情。なかでも、のんの演技に心を打たれたようで、「広島弁や呉弁は難しかったと思うが、最もナチュラルに存在していた」と絶賛していた。

のんは「戦時下のことは、別次元のように思っていた」と言うが、原作を読んで「そうではなくて、日常と隣り合わせだと思った」と大いに感銘を受けたことを告白。「毎日の暮らしを一生懸命に生きている部分を意識した」と演じたすず役への思いを語っていた。

片渕監督は「6年かかりました。思いが込み上げています」と製作の年月を振り返り、しみじみ。「一軒一軒の家まで、当時あったものをそのまま描こうと思った」と緻密な表現に挑んだが、「そこまでしてひとつの世界を作り上げたのは、今の世界と陸続きであると感じたかったから。そして、すずさんが存在している実感を観ていただく方にも感じてほしかったから」と明かしていた。

イギリスやフランス、ドイツをはじめ、世界14か国で公開が決定したことも発表された。のんは「普通に生活している人たちの切なさや感動は、すべての人に響くものだと思う。国外の方々に観ていただけるのは素敵なこと」と感激しきり。「どんなことがあっても普通の毎日がめぐってくるという、普通が愛おしくなる映画。生きるということに涙があふれてくる。それは悲しいものではなくて、何があっても生活を続ける力強さに心が打たれる映画」と心を込めて、アピールしていた。【取材・文/成田おり枝】

この世界の片隅に

2016年11月12日(土) 公開

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。...

おすすめ情報