やせる体になる!?効果的な“お茶の飲み方”3か条とは

効き目を引き出す、お茶の飲み方は3つ。より効率的なお茶の飲み方とは…?
  • 効き目を引き出す、お茶の飲み方は3つ。より効率的なお茶の飲み方とは…?

“体脂肪燃焼系”や“特保”など、効き目でお茶を選ぶのは、もはや常識。でも、ただ飲むだけでは、お茶の実力が引き出せていない可能性もあるのだとか。そこで、中国茶の専門家・林聖泰さんを直撃! 賢い飲み方のコツを教えて!

「『茶カテキン』や『カフェイン』などのお茶の成分を、最大限に引き出すコツは、3つあるんですよ」と、林さん。なるほど。で、その3つとは?

1つ目は、「タイミング」。ずばり、“いつでも、どこでもお茶”というのが理想。気づけばずっとお茶を飲んでいる状態こそが、お茶の成分をカラダに巡らせるには効果的なのだとか。茶カテキンは、カラダの中で数時間しか滞在しないため、3〜4時間おきに飲むのがいいのだそう。水の代わりに、水筒などでお茶を持ち歩くのがオススメだ。

2つ目は、「量」。1回に飲む量の目安は、大体湯のみ1杯分の250ccがベスト。カフェインには利尿作用があるため、毒素と老廃物を排出できてカラダのむくみに効果的なのだとか。ただし、「一気にたくさん飲んでも、排出物が比例して増えるわけではないんです」と、林さん。ゆっくり、適量の湯のみ1杯を飲めば、リラックス効果もバッチリだ!

3つ目は、「温度」。成分は高温の方が抽出率が上がるため、“ぐらぐら沸騰”がお約束なのだそう。しっかり沸騰させれば、カルキも除去できるし、熱いお茶は心身を温めるのに効果的。リラックスのためにも、熱湯で“お茶をいれる”ひと時を楽しんでみて。

普段何気なく飲んでいるお茶だが、飲み方をマスターすることで、体本来のバランスをとって、やせ体質に改善できるのだそう。賢くお茶を飲んで、さっそくやせ体質を目指してみては? 【詳細は、シュシュ8/27発売号 大特集「やせる“漢方”習慣」に掲載】

林聖泰さん
「華泰茶荘」5代目店主。初心者からプロ養成の講習会、イベントをはじめ、全国で講演やコンサルティング業務を行う。中国茶や中国文化を広く日本の人に伝えるべく積極的に活動を展開中。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード