劇場版アニメ「同級生」原画展開催決定にファン大興奮「生原画とか想像しただけでヨダレが出そう」

『同級生』(中村明日美子/茜新社)
  • 『同級生』(中村明日美子/茜新社)

 少年たちの恋を題材に、思春期のあまずっぱい気持ちを描いたBL(ボーイズラブ)の傑作漫画「同級生」シリーズ。今回、2016年2月に公開された同名劇場版アニメの原画展が開催されることが明らかとなった。これには「映画の感動が蘇りそうな予感(武者震い)」と興奮の声が上がっている。

 「同級生」シリーズは、中村明日美子が2006年にBL誌『OPERA』で連載を開始した大人気マンガ。物語は、合唱祭前の音楽の授業中、優等生・佐条利人が歌っていないことに、同級生の草壁光が気づくことから始まる。佐条にとって歌などくだらないのだろうと思っていた草壁だったが、ある日の放課後、誰もいない教室でひたむきに歌の練習をする佐条の姿を見て思わず声をかける――。

 読者からは「ここ10年でこれほどときめいたBLはなかった!」「ぎこちなく距離を縮めていく様がもどかしくて目が離せない」「学校の図書館に置くべき傑作だわ」「好きになったことにちゃんと葛藤しているのが素晴らしい。純文学を読んでいるようだった」と絶賛の声が鳴りやまなかった。そして劇場版アニメの美しい映像とクオリティの高さにファンからは「原作の素敵な空気が溢れかえっていた」と絶賛の声が。

 そんな劇場版の関連書籍として、『原画集』『総作画監督修正集』『美術集』が2016年9月20日(火)に発売された。さらに発売を記念して、原画展の開催が決定。第1弾はpixiv Zingaroにて2016年11月17日(木)から11月29日(火)にかけて、第2弾はササユリカフェにて12月1日(木)から12月26日(月)まで開催される。

 生原画の展示のほか、ササユリカフェでは直接触れて閲覧可能な複製原画や絵コンテが用意されている。さらに同展覧会でしか手に入らないグッズも用意されており、ファンは「こんなもん、行かない方が愚か」「生原画とか想像しただけでヨダレが出そう」「財布のひもをゆるゆるにしていくぞ!」と狂喜している様子。

 映画の世界観や製作中の雰囲気を味わえる同原画展。ファンにとっては少し早めのクリスマスプレゼントとなりそうだ。

■アニメ「同級生」原画展 第1弾

期間:2016年11月17日(木)~11月29日(火)

※2016年11月22日(火)は休廊日

時間:12:00~19:00

場所:pixiv Zingaro

入場:無料

企画:A-1 Pictures、pixiv

運営:Kaikai Kiki

■アニメ「同級生」原画展 第2弾

期間:2016年12月1日(木)~12月26日(月)

※火曜・水曜定休、立ち見や貸切など特別営業あり

時間:11:30~22:00

場所:ササユリカフェ

料金:1オーダー

キーワード

[PR] おすすめ情報