キャンプを前におうち燻製にトライ!「スモークかまぼこ」を【作ってみた】

家でも作れます、香りのいい「スモークかまぼこ」
  • 家でも作れます、香りのいい「スモークかまぼこ」

前から気になっていたスモーク。今月行くキャンプで作ったら楽しそうなので、まずは自宅で1度練習してみることに。今回は玄関先で「スモークかまぼこ」を【作ってみた】♪

■6歳の娘とクッキングスタート!

私「姫、今日はスモークかまぼこを作るよ~」、姫(6歳)「何それ?」、私「燻製っていって、香りのいい木のチップを焼いて、煙で食べ物にいい香りをつけておいしくする方法なの」、姫「これを使うの?」、私「そう。今回は桜チップだよ」、姫「ん~、梅の香りがするね」、私「……梅? そうかな……まだ香りはしてないんだけど」と燻製の説明をしてからスタートです。

カセットコンロと、鍋、焼き網を用意(写真A)。丸い焼き網が見つからず、四角い網を、鍋の形に折り曲げて代用。

まず、鍋に桜チップを1/2カップ入れます(写真B)。上に網を敷き、かまぼこを乗せます(写真C)。

鍋にふたをして火にかけると、1分半くらいでチップの煙でいっぱいに! そのあと弱めの中火で10分くらいスモークします(写真D)。

姫「すごいね~。煙がいっぱい!! キャンプするときのにおいだよね~、いいにおい」、私「おいしくしてる最中なんだよ~。10分くらいで完成だって」、姫「え? これだけなの? 他にすることは?」、私「完成を待つだけなんだけど……」。あまりにも簡単すぎて、びっくり&物足りない?様子の娘。

10分後、かまぼこが薄~い茶色に色づいた!(写真E)

姫「白いかまぼこと、ピンクのかまぼこが茶色になっちゃったね」、私「そうだね~。切るのが楽しみ」

香りがとってもいい「スモークかまぼこ」が完成しました(写真F)。

■家族の感想

スモークは大変そうなイメージだったので、とっても簡単に作れてびっくりです。部屋の中だと香りがすごそうなので、外で作ったのですが、それでも部屋の中にスモークのいい香りが~。

切っている途中(写真G)から、中学生の長男がつまみ食い。長男「うわ~これウマい! いくらでも食べれちゃうよ」とぱくぱく。

調理にも参加した娘は、「すごいね~おいしい!! ピンクのかまぼこは外側が茶色で、次がピンク、中は白。色もきれいだね」とグラデな見た目にも満足なよう。

私「今日はかまぼこだったけど、卵とか、チーズとかで燻製してもおいしいんだよ」、姫「ちくわは?」、私「ちくわもおいしそうだね、はんぺんもいいかもよ」、姫「すごい~! また作りたい!!」。

初めてのスモークに家族みんな大興奮! こんな簡単でおいしくできるなら、キャンプを待たずに、もっと早く作ってみればよかったと思ったほどでした。

■こんなときに作るのがおすすめ

やっぱりキャンプやバーベキューで作るのはぴったりでおすすめです。手軽においしいスモークが作れて、お酒も進みそうです。

アウトドア以外でも、休日の自宅でレジャー感覚で作るのも盛り上がります。今回かなり楽しかったので、いろいろな食材をもっともっとスモークしてみたいなと思ってます!

文=わんたる【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

詳しいレシピはこちら!スモークかまぼこ

【作ってみた】のは家庭菜園主婦「わんたる」さん(レタス隊)。
神奈川県に住む専業主婦(36歳)。夫、子ども3人(14歳・6歳・8か月)、両親と計7人の大家族。心がけているのは「野菜をいっぱい食べられる料理」で庭で収穫する野菜もよく使う。末っ子が小さいので「簡単に手早く作れる」のも大事。真ん中の姫ちゃん(6歳)もお料理好き。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報