秋の金戒光明寺で伊藤若冲の群鶏図屏風を特別公開!

法然上人がはじめて、草庵を営んだといわれる地にある金戒光明寺は、桜や紅葉の名所としても名高く、秋には山門の南北を紅葉が彩る。境内には、法然上人800年大遠忌記念に作られた、紫雲の庭をはじめ、美しい紅葉が見られるポイントが点在している。

<秋の特別公開>伊藤若冲が手がけた群鶏図屏風を公開

【写真を見る】墨で描かれた伊藤若冲の群鶏図屏風
  • 【写真を見る】墨で描かれた伊藤若冲の群鶏図屏風

2016年11月1日(火)~12月4日(日)の期間に開催される秋の特別公開では、生誕300年となる京都が生んだ天才画家、伊藤若冲が手がけた群鶏図屏風が公開される。その他にも、眺めが抜群の山門、重要文化財の吉備観音像、紅葉の回遊式庭園など見どころが多い。11月12日(土)~27日(日)は、夜間拝観も行われる。【関西ウォーカー編集部/loose】

■金戒光明寺 秋の特別公開
期間:2016年11月1日(火)~12月4日(日)
場所:金戒光明寺
住所:京都市左京区黒谷町121
電話:075-213-1717(京都市観光協会)
時間:9:00~16:00(受付終了)
休み:なし
料金:御影堂・大方丈・庭園600円、山門800円、セット券1200円
※夜間拝観(ライトアップ)は2016年11月12日(土)~27日(日)17:30~20:30(受付終了)
御影堂・大方丈・庭園800円(山門の特別公開はなし)
交通:地下鉄丸太町駅より京都市バス岡崎神社前下車、徒歩約5分

グルメ、寺社仏閣、お土産などの情報満載!行こう京都観光ページへ

キーワード

[PR] おすすめ情報