京都・二条城の通常非公開の庭園で世界のスーパーカーが共演!

フェラーリやランボルギーニなど、世界の名車が集う展覧会「ARTISTIC CARS AT THE WORLD HERITAGE 競演 世界遺産と華麗なる名車たち」が、10月28日から京都の元離宮二条城で開催した。

元離宮二条城に国境を越えた名車の数々が集結
  • 元離宮二条城に国境を越えた名車の数々が集結

今回の展覧会では、元離宮二条城の中でも通常は非公開の「二の丸御殿中庭」「台所前庭」「台所」といった場所で、世界的名車の数々が観覧できる。世代や国を越えた世界中のカーファンが、“芸術品”と認めるスーパーカーやレーシングカーが、400年以上の歴史をもつ元離宮二条城の荘厳なロケーションと融合する。

ランボルギーニが1988年に創立25周年を記念して製造した「ランボルギーニ カウンタック アニバーサリー」
  • ランボルギーニが1988年に創立25周年を記念して製造した「ランボルギーニ カウンタック アニバーサリー」

常設展示では、イタリア・フェラーリ社のフェラーリ 512 BBやフェラーリ 512 M、ランボルギーニ社のランボルギーニ カウンタック アニバーサリーをはじめ、全25~30種類の名車がそろう。

会期中の12月3日(土)~6日(火)には、同展覧会のメインイベント「コンコルソ・デレガンツァ京都2016」も実施。期間中には、常設展示の名車に加えて、世界最高峰の車の美しさを競うコンクールである「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」(イタリア・コモ湖)と、「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」(アメリカ・カリフォルニア)の両コンクールをはじめ、世界中のコンクールを制した伝説のビンテージカーが多数登場。愛好家が一生のうちに一度見られるか見られないかという貴重な名車が特別展示される。

また、12月6日(火)には、名車を芸術品として審査し、様々な賞を決定するコンクールも開催。二条城内を名車が優雅に走行するパレードも実施予定だ。

今回の展覧会では、日本文化を新しいアプローチで提示し世界に発信し続ける、木村英智(京都国際観光大使/アートアクアリウムアーティスト)を総合プロデューサーに迎え、元離宮二条城という日本を代表する歴史的名所と、世界中にファンを持つ芸術的名車を融合させる。

歴史的な世界の名車が鑑賞できるだけではなく、通常は立ち入ることができない元離宮二条城の、非公開エリアが展示の舞台になるのも見どころ。貴重な機会をぜひお見逃しなく!【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】

■ARTISTIC CARS AT THE WORLD HERITAGE 競演 世界遺産と華麗なる名車たち
期間:10月28日(金)~12月11日(日)
場所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町
電話:075-841-0096
時間:9:00~17:00
料金:一般600円、中学生・高校生350円、小学生200円、小学生未満無料
交通:地下鉄東西線二条城前駅よりすぐ

グルメ、寺社仏閣、お土産などの情報満載!行こう京都観光ページへ

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報