ディズニーのクリスマスラッピング車両が東急線でスタート!

東急グループは今冬、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の協力のもと、ディズニー社の4つのブランドである「ディズニー」、「ピクサー」、「スター・ウォーズ」、「マーベル」をテーマに、東急線沿線を中心に主要駅や電車、商業施設などで大規模なクリスマスプロモーション「TOKYU CHRISTMAS WONDERLAND 2016-Disney CRYSTAL MAGIC-」を実施する。

今プロモーションでは、東急線としては初めて、こどもの国線を除く全路線一斉に共通テーマをモチーフにした、ラッピング車両が期間限定で登場。11月1日(火)から、東横線は「ディズニー」、田園都市線は「ピクサー」、大井町線と目黒線は「マーベル」、世田谷線と東急多摩川線・池上線は「スター・ウォーズ」のラッピング車両が運行スタートした。

東急線全路線一斉にラッピング車両が登場
  • 東急線全路線一斉にラッピング車両が登場

また東横線渋谷駅の下りホームは「ミッキーマウス・マーチ」、田園都市線二子玉川駅の上りホームは「シンデレラ」の「ビビディ・バビディ・ブー」など、ディズニー作品の発車メロディを主要6駅で一斉に使用する。

プロモーションでは、ラッピングされた東急バス4種も登場。ほかにも、渋谷ヒカリエや東急プラザ銀座、東急百貨店などの東急グループの主要商業施設では、ディズニーのキャラクターをイメージにしたクリスマスツリーや装飾などで飾り付け、ディズニー商品の期間限定ショップ「Disney CRYSTAL MAGIC-MARKET」が展開される。

また、「東急グループをめぐって集めよう! Disney CRYSTAL MAGIC - スタンプラリー」と称して、東急線沿線の駅でスタンプラリーを実施し、東急グループの施設とディズニーストアを含めた46ヶ所(予定)で、スマートフォンアプリを活用したモバイルスタンプラリーも行う。

プロモーションは12月25日(日)まで開催。今年のクリスマスはディズニーの世界にどっぷりと浸かれる大規模プロモーションで、思う存分楽しもう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報