家計にうれしい食材「ささみ」を使って節約&ガッツリおかずに

淡白なささ身にアボカドとソースでコクをプラス
  • 淡白なささ身にアボカドとソースでコクをプラス

たんぱくな味わいが災いして、メインのおかずになりにくいささ身。でもお手頃価格のささ身は、家計的にはうれしい食材。活用しない手はありません。みんなが大満足するおかずへ変身させるコツは、プラスする食材にあり。濃厚な味わいのアボカドとソース、ボリュームをプラスするゆで卵の力を借りて、男子も大好きなガッツリ系おかずに変身させて。

【とり肉とアボカドのソース炒め】(1人分382Kcal、塩分1.8g、調理時間10分)

<材料>(2人分)

とりささ身4本、ゆで卵1個、アボカド1個、塩、こしょう、小麦粉、サラダ油、酒、中濃ソース、粗びき黒こしょう

<作り方>

(1)アボカドは1~1.5cm角に切る。ゆで卵は四つ割りにして、横半分に切る。ささ身は一口大の斜め切りにし、塩、こしょう各少々をふって小麦粉を薄くまぶす。

【写真を見る】ささ身は小麦粉をまぶしてから炒めると、水分が閉じ込められ、パサつきを防ぐことができる
  • 【写真を見る】ささ身は小麦粉をまぶしてから炒めると、水分が閉じ込められ、パサつきを防ぐことができる

(2)フライパンに油大さじ1を熱し、ささ身を入れて炒める。色が変わったら酒大さじ1を加えてふたをし、約1分蒸し焼きにして火を通す。

(3)アボカド、中濃ソース大さじ2を加えてさっと炒め合わせ、塩で味をととのえる。ゆで卵を加えてざっと炒め合わせ、器に盛って粗びき黒こしょう適量をふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

とり肉とアボカドのソース炒め

レタスクラブニュースでほかにも「とり肉のささ身」を使ったレシピをチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報