モスと宮崎県がコラボ!東国原知事の仰天“新作アイデア”とは?

モスフードサービスと宮崎県が共同で商品開発を目指す「チームみやざき」の結成祝賀会に参加した宮崎県の東国原知事
  • モスフードサービスと宮崎県が共同で商品開発を目指す「チームみやざき」の結成祝賀会に参加した宮崎県の東国原知事

9/4、モスフードサービスと宮崎県が共同で商品開発を目指す「チームみやざき」の結成祝賀会が行われ、宮崎県の東国原英夫知事が出席。「週の半分は、お昼にハンバーガーを食べる」というほど、モス好きな知事からは、あっと驚く“新作アイデア”も飛び出した。

「からいも(サツマイモ)を使った『からいもバーガー』なんてどうです? もしくはサイドメニューとしてかりんとうみたいにしてもいいんじゃないですかね。あとは、宮崎県は、しいたけも生産量日本第2位ですからね。ハンバーガーの上にしいたけを乗せちゃったりして…」と、宮崎県食材のアピールにも熱が入り、本気とも冗談ともつかないアイデアを披露した知事。これには会場からも笑い声が起こっていた。

また、「以前は、隠れて(モスバーガーを)食べていた」など、意外な過去も披露した知事。なんでも、昨年宮崎県と共同開発した「宮崎名物チキン南蛮バーガー」が発売されてからは、堂々とハンバーガーを食べれるようになったのだとか。

「やっぱり県産品を食べなきゃいけないなという思いがあったので、ハンバーガーは内緒で食べていた時期もあったんです(笑)。でも、宮崎県産鶏を使っているチキン南蛮バーガーができてからは、堂々と食べられるのでうれしいですね」と、個人的にも、初めてモスが自治体とコラボレーションする宮崎県とのタッグはうれしいようだ。

「チームみやざき」の共同開発商品第一弾は、「フローズンケーキバー 日向のみかん(日向夏使用)」(190円)。宮崎名産の日向夏を使った見た目も爽やかなデザートだ。

「モスとのコラボで、日向夏をブレイクさせたい」という知事の意気込みどおり、自治体とのコラボ商品が、これから全国でどのように受け入れられていくかが楽しみだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報