名作が500円!シネコンに日本初の“旧作専用スクリーン”誕生

旧作がワンコインの500円で見られるワーナー・マイカル・シネマズ守谷
  • 旧作がワンコインの500円で見られるワーナー・マイカル・シネマズ守谷

過去の名作を2〜3本まとめて格安で上映する名画座だが、ここ数年のシネコンのオープン・ラッシュですっかり影をひそめてしまった感がある。しかし、逆にそんな“名画座”のスタイルを導入し、日本初の“旧作専用のスクリーン”を持つシネコンが登場した。

それは、茨城県守谷市のショッピングセンター内にあるワーナー・マイカル・シネマズ守谷。「マイ・マイ・シアター」という旧作上映専用の常設スクリーンが本日、9月5日よりオープンする。これは、週替わりで上映される洋画・邦画の旧作をワンコイン500円で鑑賞できるというものだ。

「守谷の地域特性を考え、シニアの方に喜んでいただける往年の名作や、主婦層が好むラブストーリー、人間ドラマを選定しています。近隣在住のお客様が日常的に映画を観られるよう低価格にもこだわっているので、気軽に足を運んでいただけたらと思います」と支配人の久保さん。確かにこの低価格なら映画館がより身近に感じられるようになるはずだ。

既存の劇場でも、2009年7月より3つあるスクリーンのうち1つを“名画座宣言”と称して邦画旧作上映専門に変更した銀座シネパトスなどがあり、多様化するニーズに応えることのできる名画座の良さが見直されつつある。音響や座席などの整った設備、充実したフードメニューなどの強みを持つシネコンに“名画座スタイル”が導入されることで、新たなファンを獲得しそうだ。

各地でシネコンが乱立し、生き残りをかけて激戦が繰り広げられている今、差別化をはかるためにこうした“名画座スタイル”を取り入れたシネコンが生まれたことは興味深いところ。現状ではワーナー・マイカル・シネマズ守谷だけのオリジナル企画だそうだが、ひょっとしたら今回の試みによって、今後のシネコンの定番になるような流れができるかもしれない。

「マイ・マイ・シアター」はワーナー・マイカル・シネマズ守谷にて9月5日よりスタート。※平日のみの実施だが、スタート週や連休期間中は週末も上映あり。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報