ユニクロより安い!西友が4900円でライダーズジャケットを発売

「しわ加工ライダーズジャケット」はこげ茶の一色。S、M、L、LL、3Lの5サイズを展開
  • 「しわ加工ライダーズジャケット」はこげ茶の一色。S、M、L、LL、3Lの5サイズを展開

西友が英国発のPBファッションから4900円という低価格で、この秋注目のアイテム“ライダースジャケット”を9/10(木)から発売する。これはユニクロからこの秋に発売となった本革風「ネオレザーライダースジャケット」の価格、5990円を上回る安さだ。

このアイテムは、西友が所属するウォルマートグループの衣料品ブランド「George」から、秋の新作コレクション「OUTDOORS」のイチオシアイテムとして発売するもの。登場するのは合皮を使ったライダーズジャケット3種類。洗いを掛け、表面にシワ加工を施したハードなデザインが特徴の「しわ加工ライダーズジャケット」はこげ茶の一色、ソフトな素材で大きめな開襟がフェミニンな印象の「ノーカラーライダーズジャケット」はブラックとオフグレーの2色で展開する。英国のデザインをそのまま導入し、英国と同じ素材を使い、サイズのみ日本向け仕様にすることで、4900円という低価格を実現したという。いずれもS〜3L、または7〜15号の5つのサイズでの展開だ。

ほかにも、秋の新作としてカットソー1990円、パンツ2990円、ワンピース1990円の計15アイテムと、靴や帽子、バッグの小物の35アイテムを展開。すべて9/10から全国の西友、リヴィン70店舗で販売する。

また、今後は冬に向け、エレガンスラインの「MEMORABILIA」、カジュアルラインの「NORDIC WINTER」を展開する予定だというから、こちらも楽しみだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報