女子が興奮するエロスを追求!イケメン主演の携帯ドラマが大人気

携帯電話専門放送局「BeeTV」で、今20〜30代の女性を中心に、“女性のためのエロス”を描いて大ヒットしているドラマ「Sweet Room」。向井理さんも主演を務めている
  • 携帯電話専門放送局「BeeTV」で、今20〜30代の女性を中心に、“女性のためのエロス”を描いて大ヒットしているドラマ「Sweet Room」。向井理さんも主演を務めている

5月に開局をした携帯電話専門放送局「BeeTV」で、今20〜30代の女性を中心に、“女性のためのエロス”を描いて大ヒットしているドラマがあるという。その名は「Sweet Room」。配信から約1か月で270万ダウンロードという、脅威の数字をたたき出した“おばけ番組”だ。

成宮寛貴さん(1話)、向井理さん(2話)、要潤さん(3話)、豊原功補さん(4話)といった実力派イケメン俳優たちが主演を務めており、ホテルのスイートルームでラブストーリーを展開するという内容だが、テレビドラマと大きく異なる点は、“エロさの質”。

イケメンたちが、惜しげもなく裸体を披露したり、ベッドシーンが続々出てきて、女子にとってはかなりの“ドキドキ度”。しかも、カメラワークのせいか、まるで成宮くんや向井くんと一緒にいるような臨場感まで出てくるから不思議だ。加えて、さりげない優しさやスキンシップのシーンが、たくさん散りばめられているから、女の子のハートが鷲づかみされるのも時間の問題かも…。

「映像もキレイだし、恋愛しているみたいにドキドキするんです」とは、同番組ファンのAさん(20代女性)。男性が“脱ぐ”ことだけでなく、女の子の“彼氏にこうして欲しい”という願望を、イケメンたちが劇中で演じてくれるのも、ハマっている理由なのだとか。

男性が見ても「?」の部分は多いかもしれないが、女の子が満足するのは間違いなさそう。そんな“女の子向け”の本作について、配信元のエイベックスはこうコメントしている。

「男性のような直接的なエロスではなく、女性は、妄想をかきたてられるようなエロスを求めているのでは、と思ったんです。“彼氏がこんな風だったらいいな”という、女性の妄想を最大限に活かしたストーリーに重点を置いていますね。また、携帯電話という“自分だけの空間”で、場所を選ばず楽しむことができることも、ヒットの要因になったと思います」

1回5分ほどの長さで、3回で1話完結するという、携帯電話ならではの構成もユニークな「Sweet Room」。元来女性が持っているエロスへの欲求が、携帯電話という現代のツールにマッチした1つの事例だろう。女子たちが、こっそりエロス楽しめる本作は、これからも女子の間で話題を生み出していきそうだ。 【東京ウォーカー】

<BeeTV アクセス方法>
iメニュー⇒動画⇒BeeTV

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報