劇場アニメ「はいからさんが通る」古橋一浩監督&早見沙織&宮野真守のタッグにファン大興奮!「こ、これは大作の予感…。」「あぁぁ~このキャスティングは大賛成! 有難う偉い人」

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • (C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

 少女漫画史に燦然と輝く傑作『はいからさんが通る』が、2017年に二部構成でアニメ映画化されることが決定、さらに豪華制作陣が発表された。これには世間から「え、マジ最高のキャストなんだけど!」「うそぉぉぉ! この布陣ではいからさんですと!? 2017年早く来いー」と興奮の声が上がっている。

 『はいからさんが通る』は、『週刊少女フレンド』に連載された大和和紀によるロマンチックコメディ。舞台はロマンのご時世である大正時代、主人公である17歳の女学生・花村紅緒は酒乱でケンカ好きのじゃじゃ馬だが、ある時親の決めた婚約者・伊集院忍少尉が現れる。最初は抵抗があったものの、伊集院の笑顔によって紅緒の心が揺れ動いていく―。

 同作は抱腹絶倒のドタバタギャグと胸キュン展開が人気を博し、「第1回 講談社漫画賞 少女部門」を受賞。1978年にはテレビアニメシリーズが放送され、その後、劇場実写映画やTVドラマなど多くのメディアミックス展開がされている。そしてこの度、連載40周年を記念して、前編・後編の劇場アニメーションとして復活することが決まった。

 監督・脚本は「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚」のTV、OVA、1999年制作「HUNTER×HUNTER」TVシリーズ、「ジパング」「機動戦士ガンダムUC」OVA等の監督を務めた古橋一浩。さらに声のキャストには、紅緒役に映画「聲の形」の西宮硝子役を演じ、卓越した演技力と透明感のある美しい声質で多くのファンを生み出した早見沙織が担当。

 伊集院役を「亜人」で永井圭役を務め、アーティストやミュージカル俳優としても活躍する大人気声優・宮野真守が演じる。

 この錚々たる面々に「とんでもなく豪華なスタッフ! 古橋監督の作品なら絶対間違いないでしょ」「こ、これは大作の予感…。不朽の名作が宮野くんと早見さんの声で蘇るとか素敵すぎっ。今からキュンキュンしちゃう」「このキャスティングは大賛成! 有難う偉い人」と狂喜の声がこだましている。

 前編のタイトルも「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」に決まったことが発表された。2017年の公開まで、原作にキュンキュンしながら辛抱強く待とう!

■映画「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」

公開:前編・後編ともに2017年公開予定

原作:大和和紀

監督・脚本:古橋一浩

出演:早見沙織、宮野真守 ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報