『アイ・アム・サム』の天才子役が“ヤンキー娘”に変身!?

“ヤンキー娘”で新境地を開いたダコタ・ファニング
  • “ヤンキー娘”で新境地を開いたダコタ・ファニング

天才子役ダコタ・ファニングが新作『PUSH 光と闇の能力者』(11月7日公開)で女優人生の新たな1ページを開いた。今回、彼女が演じるのは“WATCH(ウォッチ)”という予知能力を持つエスパー少女なのだが、その出で立ちに正直ビックリ!

美しい金髪に明るい色使いの服を着こなす、文字通り“女の子”という印象が強かったダコタだけど、本作では長く伸ばした髪に赤などのメッシュを入れ、ラフな黒Tシャツ(なんと自前!)に丈の短いアウターを羽織って登場。セクシーなミニスカートとロングブーツで長い足を飾るその姿は、まさに“ヤンキー娘”!?

本作のインタビューで彼女は「演じた役柄は自分と正反対だけど、自分と全然違う人間になれるところが、演技の楽しいところ」と語っている。『アイ・アム・サム』(01)や『夢駆ける馬ドリーマー』(05)といった素に近い役どころを経て、本作や『ニュームーン/トワイライト・サーガ』(11月28日公開)では大人びた表情や演技を披露。

多くの天才子役が大人になるにつれて消えていくケースが多いが、そんなジンクスをはねのけ、大人の女優へと着実にステップアップしている彼女のこれからに注目だ!【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報