ロバート・パティンソン、突然の成功でノイローゼに

スターも楽じゃない
  • スターも楽じゃない

“世界で最もセクシーな男”に選ばれるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのイケメン界の新星ロバート・パティンソンだが、突然のサクセスに精神が消耗してしまい、今年初めにはノイローゼ状態になっていたらしい。

「被害妄想に悩まされ、パラノイアみたいになった。でも、どうせ自分でコントロールできないのなら、流れに任せて、全てを受け入れるしかないと気付いたんだ。それは簡単ではないけど、泣きごとを言ってどうなるわけでもないからね」というロバートは、今年のカンヌ国際映画祭でファンにもみくちゃにされるまで、自分がどれだけ有名になったのか知らなかったらしい。「レストランに入って、外に出たら500人の人々が出口で僕を待っていた。カオス状態だったよ」と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報