SATCマニアの興奮が過熱、NYで撮影中断に

SATCロケ現場
  • SATCロケ現場

『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズ新作のロケ現場で、集まったファンの興奮が過熱し、撮影が中断されるというアクシデントがあったらしい。

ニューヨークでミランダ役のシンシア・ニクソンが出演するシーンを撮影していたところ、彼女の姿を一目見ようと集まったファンが、警備員を押し倒して彼女に近づこうとするなど、集団ヒステリー状態になったという。「人々は叫びながら警備員を押して中に入って来ようとしていた。ファンの勢いがあまりにも凄いので、警備員たちはニクソンの身の安全を心配した」と関係者は語っている。

また、その数日前に、キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーとMr. ビッグ役のクリス・ノスが撮影に参加した時も撮影中断になりかけたのだそうで、「十代の少女たちが、文字通り互いの体を踏み合いながら、サラに近づこうとしていた」と関係者は語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報