のん、「涙が出てくる」とコトリンゴの「悲しくてやりきれない」に共鳴!

のん、涙したシーンを告白!
  • のん、涙したシーンを告白!

こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した『この世界の片隅に』(11月12日公開)のライブ付きプレミア試写会が11月8日に草月ホールで開催され、主演声優を務めるのん、片渕須直監督、音楽を担当したコトリンゴが登壇。コトリンゴの生歌を聞いたのんが「コトリンゴさんの声が聞こえた瞬間に、心臓をぎゅっとつかまれたみたいで。息を忘れてしまった。すごかったです」と頬を紅潮させて、感激の思いを語った。

本作は、戦時中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも、日々を大切に前を向いていく女性・すずの日常を描く人間ドラマ。コトリンゴはこの日、オープニングテーマ「悲しくてやりきれない」と、エンディングテーマ「たんぽぽ」を生披露。片渕監督が「6年分の思いが込み上げてきた」と製作過程を振り返って涙を浮かべるなど、コトリンゴの優しく、温かな歌声が会場全体を大いに魅了していた。

劇中の音楽について感想を聞かれたのんは、「映像と一体になっている感覚がある。コトリンゴさんの曲が聞こえてくると、直接心のなかに映像の風景が流れ込んでくる。シビれました」と思いをぶつけ、コトリンゴも「うれしいです」と感無量の面持ち。

とりわけ「悲しくてやりきれない」が流れるシーンが好きだそうで、のんは「『悲しくてやりきれない』が流れてくると、コトリンゴさんの声に自分自身、共鳴していく感じがした。見ていて、気持ちが満たされて涙が出てくるようなシーンがあって。すごくそこが好きです」と思わず涙したことを告白していた。

コトリンゴは「監督さんとお話をして、すずさんの目を通して見た世界を音にするということだった」と述懐。「女性よりで、温かくて、ちょっとユーモアのあるような音楽になるといいなと思いながら作っていました」と音楽に込めた思いを明かしていた。

柔らかな雰囲気で、微笑み合いながらトークをするのんとコトリンゴだったが、これには片渕も「すごくふわふわした雲の上に乗っているような気持ちを味わえる」とにっこり。最後には観客によるフォトセッションタイムも設けられるなど、笑顔あふれるイベントとなった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報