高架下にグルメ街が誕生!「中目黒高架下」11月オープン

東京急行電鉄と東京地下鉄が共同で開発した「中目黒高架下」が11月22日(火)にオープンする。中目黒駅周辺の高架下空間に、中目黒近辺にゆかりのある飲食店や、地方で人気の高い関東初の店舗など、個性豊かな全28店舗が出店。

中目黒高架下イメージ
  • 中目黒高架下イメージ

「中目黒高架下」のコンセプトは「SHARE(シェア)」。 全長約700mに渡る高架橋というひとつ屋根の下を、個性あるさまざまな店舗が「SHARE」し、「中目黒らしい街の楽しみ方」ができる新しい商店街の形を目指した。目黒川沿いには店舗用のテラススペースがあり、人や街に開かれた空間となっている。

中目黒の人気店「水炊きしみず」などを手がける清水明氏が全面プロデュースする「鶏だしおでん さもん」、アメリカンバーベキュースタイルの肉を目黒川に面したテラス席などで提供する「GOOD BARBEQUE」、150種類以上ある全国の日本酒を炉端焼きと共に楽しめる「炉端のぬる燗 佐藤」など、様々な店舗が出店。また、日本初のフレンチトースト専門店「LONCAFE STAND NAKAMEGURO」や、ニューヨーカーから長年愛されている人気ベーカリー「THE CITY BAKERY」など、女性ひとりでも気軽に利用しやすい店舗も。

様々な人々が集い、時間と空間をシェアする「中目黒高架下」。中目黒らしいカルチャーの発信地としてさらに目が離せない!【ウォーカープラス編集部/平岡優奈】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報