いよいよ10/5(日)【キングオブコント】でコント日本一が決定

決勝進出を果たした全8組
  • 決勝進出を果たした全8組

漫才(M-1)、ピン芸(R-1)に続き、コントの日本一を決める大会がことし初めて開催される。その名も「キングオブコント」。芸歴の年数を問わないこのガチバトル、優勝賞金は1000万円。7月から行われていた予選には2146組がエントリーし、熱闘を勝ち抜いた8組がとうとう決まった。

決勝は4組ずつA・Bブロックに分かれネタを披露するトーナメント方式。Aブロックの1番目、決勝でのトップバッターを飾るのは、5度目の東京進出で“プチ・ブレーク中”のTKO、続いてコント歴No.1のバッファロー吾郎、若手実力派のTHE GEESE、関西で活躍している天竺鼠の順だ。

Bブロック1番目は“演劇的コント”に定評のあるチョコレートプラネット、次に唯一の3人組ロバート、賞レース初出場のバナナマン、ことし結成したばかり超新人2700となる。

そして画期的なのが審査方法。決勝戦はなんと芸人(当事者)が審査するというから驚きだ。A・Bブロックを審査するのは準決勝で敗れた芸人100人。彼らによって各ブロックからそれぞれ1組が選ばれる。選出された2組は新たにネタを披露。そして自らを含め互いに審査する。2票獲得すればここで優勝が決まる。しかし引き分けならA・Bブロックの敗者6組が審査し、さらに引き分けなら前述の準決勝で敗れた芸人100人の投票で優勝が決定する。

「キングオブコント2008」決勝の模様は10/5(日)19:00〜20:50にTBS系で生放送される。MCを務めるのはダウンタウン。ベテランから超若手まで、生粋のコント師たちの熱いバトルをとくとご覧あれ!【東京ウォーカー/本村鮎美】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報