最強タッグが復活!相川七瀬、織田哲郎と約6年ぶりにLIVEで共演!!

織田哲郎と息の合ったライブで会場も大盛り上がり!
  • 織田哲郎と息の合ったライブで会場も大盛り上がり!

09年11/8(日)でデビュー15周年を迎える相川七瀬。95年に『夢見る少女じゃいられない』で衝撃的デビューを飾り、翌年96年には1stアルバム『Red』が現在までで270万枚を超えるメガヒットを記録。そんな一世を風靡した彼女が9/9、C.C. Lemon Hallにて行われたライブ「Live Emotion 2009 Easer」で、約6年ぶりに織田哲郎と共演! 約6年ぶりに“最強タッグ”が復活した。

織田哲郎とは03年2/13にリリースした22枚目のシングル『Shock of Love』以来で、今回の実現は昨年放送されたフジテレビ「とくダネ!朝ヒットライブ」で共演したことがきかっけ。それだけに今回のライブは彼女にとって記念すべきライブになったわけだが、このライブにはもう一つ彼女にとって深い意味があったという。

それは今回のライブの行われた日(09年9/9)が、相川七瀬の自身初の日本武道館ライブを行った記念すべき日(97年9/9)からちょうど12年目の記念すべき日。彼女は“干支が一回りする今年には絶対にステージに立つ!”と当時から心に決めていたため、まさに彼女の願いが叶った瞬間といえる。

そのため、このライブのバンドメンバーは錚々たる顔ぶれで、ドラムには元LUNA SEAの真矢、ギターには元メガデスのマーティーフリードマン、キーボードに元HOUND DOGの箕輪単志、ベースに元SHAM SHADEのNATCHINが参戦! 織田哲郎も含め大物ミュージシャンが駆けつけた。

また、ライブで披露した曲は、デビュー曲である『夢見る少女じゃいられない』、『LIKE A HARD RAIN』、『BREAK OUT!』、そして彼女のリリースしたシングルのうち最も売上げの多かった『恋心』、最新シングル『tAttoo』など22曲。その全22曲のうち13曲が織田哲郎楽曲の構成となっており、会場に集結した2000人のファンは大盛り上がり。15年間の活動すべてを堪能できたライブとなった。

なお、今回の「Live Emotion 2009 Easer」で、織田哲郎と共演した相川七瀬は、彼女の原点回帰ともいうべきシングル『tAttoo』を11/11(水)にリリースすることが決定。彼女の活躍に期待したい。

【CDリリース情報】
『tAttoo』(2009.11.11(水)Release)
●CD+DVD 品番:AVCD-32129/B 価格:1890円(税込)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報