ギネス記録博物館名誉館長に故石ノ森章太郎氏が就任

今も活躍を続ける仮面ライダー
  • 今も活躍を続ける仮面ライダー

10/2、東京タワーフットタウン(東京都港区)のギネス世界記録記念博物館にて、故石ノ森章太郎氏の名誉館長就任式が行われた。会場には石森プロ代表の小野寺章氏、「石ノ森章太郎 萬画大全集」を刊行する角川書店社長の井上伸一郎氏らが出席した。

「石ノ森氏は偉大な漫画家。日本のソフト産業にかかわる多くのクリエイターに多大な影響を与えた」と井上氏。会見の後半には、サプライズゲストとして石ノ森氏の代表作・仮面ライダーのキバと電王が登場し、会場に詰め掛けた報道陣を沸かせた。

今回のイベントは、石ノ森氏が「一人の著者が描いたコミックの出版作品数が世界で最も多い」としてギネス記録に認定されたのがきっかけ。博物館には特別ブースが設けられ、「サイボーグ009」をはじめとする多くの漫画作品や180体にも及ぶキャラクターの人形を展示。死後、机から発見された未発表作画も見ることができる。

未発表作品は、かつての石ノ森氏のアシスタントが手を加えて完成させ「石ノ森章太郎 萬画大全集」の最終期にも収録される。漫画好きなら、どっちもみてみたい?【東京ウォーカー/中道圭吾】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報