アントニオ猪木が初主演映画で見せる“年老いた姿”に注目

すっかりおじいちゃん姿のアントニオ猪木。丸まった背中に哀愁を感じる
  • すっかりおじいちゃん姿のアントニオ猪木。丸まった背中に哀愁を感じる

「元気ですかーっ?」でおなじみの元プロレスラー・アントニオ猪木が、映画初主演を果たした! 作品のタイトルは『ACACIA』(公開日未定)。そのなかで猪木は、さびれた団地の用心棒を務める心優しい元プロレスラー・大魔神を好演している。

年老いた元レスラーが、孤独な少年や個性的な団地の住人たちとの交流を重ねる中で、心に抱えた傷と向き合い、勇気を得ていく姿を描いた本作。特に大魔神と少年の、まるで親子のようなかけ合いは、観ているだけでほんわかと温かい気持ちにさせてくれる。

ちなみに、普段は年齢を感じさせない猪木も、実は四捨五入すると70歳。劇中では“作中の姿の方がリアル!”といえるほどに老け込んだメイクを施し、自分の過去に負い目を抱えた哀愁漂う言動を見せている。これが、モハメド・アリやブルーザー・ブロディ、グレート・ムタといった強敵を退けた“燃える闘魂!?”とビックリさせられる程の変貌ぶりは必見だ!

また、テレビドラマの原作・脚本やアーティストへの楽曲提供・プロデュースなどもこなす辻仁成監督の最新作としても、注目を集めている本作。10月17日〜25日の期間中に開催される<第22回東京国際映画祭>のコンペティション部門に出品されるので、一足早く猪木の名演技を堪能してみてはいかがだろう?【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報