デジタル

Spotify&block.fmの一夜限りのコラボラウンジ登場!

東京ウォーカー(全国版) 2016年11月30日 18時17分 配信

ダンスミュージックのネットラジオと総合情報サイトを運営するblock.fm。その開局5周年パーティが11月11日(金)、日本でフルサービスを開始した音楽配信サービスのSpotify(スポティファイ)とコラボしたイベント「The Block Party-block.fm 5th Anniversary-Supported byWONDER&CLOCKS//ワンクロ」と題して渋谷のクラブWOMBで行われた。

すべての写真を見る(7件)
会場となったWOMB1階の「WOMB LOUNGE」が“Spotifyラウンジ”として生まれ変わり、主宰の☆Taku Takahashiを筆頭に、25組を超えるblock.fmファミリーのアーティストが集結。

ラウンジでは「block.fm」の全番組がミックスされたかのように、あらゆるジャンルの曲がプレイされ、フロアも時が経つごとにヒートアップした。

また会場にはフォトブースが登場し、インスタグラムに「#Spotifyはじめました」とハッシュタグをつけて投稿すると、大型スクリーンに映し出されるというイベントも開催。

加えて、この日のためだけに作られたオリジナルドリンク「スポティハイ」がプレゼントされるというサービスも行われ、大勢の参加者が喉を潤していた。

Spotifyは現在、日本を含む世界60カ国で1億人以上が利用しており、国内外の4000万曲以上の楽曲にアクセスが可能。その数は毎日約2万曲のペースで増え続けるという、世界最大の音楽配信サービスとなっている。

各国のSpotifyの音楽キュレーターやアーティスト、音楽ファンなどが作成した20億本以上のプレイリストを利用でき、自分で作成したプレイリストはSpotifyをはじめ、Facebook、Twitter、LINEなどのSNSで簡単に共有可能!いま最も注目されている音楽配信サービスと言っても過言ではない。

パーティ来場者にとって、世界で1億人以上の音楽ファンに支持されるSpotifyの世界観をいち早く体感することができる一夜となったようだ。【ウォーカープラス編集部】

おすすめ情報